音楽雑文集


by yyra87gata

エリッククラプトンはいつから聴き始めるか。

 クラプトンを好きになる年代がある、って知ってる?
ビートルズは音楽の教科書にも載っているくらいなので、英語を習い始める中学生になると大勢の人が身近になり、好きになる確率が高くなる。有名な曲も多く、歌詞もそんなに難しくないから英語に興味を持たせるために教師も親も推奨するくらいだ。ストーンズはちょっと歌詞もきわどいし、ビートルズじゃ飽き足りないどちらかというと男の子に人気があるバンドで、教師も親も顔をしかめる。ビートルズもストーンズと同じくらい悪いことをしているのにね・・・。「見てくれ」って大事だわ。

 さて、クラプトン。クラプトンを聞き始める時期だけど、僕は圧倒的に大学生から聞き始める人が多いと思う。もちろん中学生から聞き始める早熟な方もいるようだが、それはきっとエレキギターを弾いている一部の人間に過ぎないのではないか。
クラプトンはハンサムだし、ダンディで格好良いが、中学生や高校生が熱狂するようなタイプではない。ちょっと恋愛を経験している、もしくは進行形の人がはまっていくに相応しい枯れたヴォーカルの魅力で、ラブソングを自分に置き換えられる人が対象のような気がする。ギターは抜群に上手いが、女性は特にそんなところ見てもいないし、聞いちゃいない。渋い声で絞り上げるように歌う姿にしびれてしまうのだろう。いやぁでも、顔かな。でも今は少し肉が付いちゃって・・・。
男性は男性で、「クラプトン=趣味の良い音楽=女の子とのデートに欠かせないマストな音楽」というミーハーなアイテムとして使用している感もある。要はロックなんて気にせず、音楽として聴いている男性がデート用のBGMとして用意するっちゅうこと。これがビートルズやストーンズだとあまりにもポピュラーすぎて、女の子にひねりが無いと思われるのでデートミュージックにならんでしょ。そんな見栄っ張りな男性の気持ちが、功を奏して案外売れている要因だったりして。
車の中で「クラプトン聞く?」って聞かれるのと「ストーンズ聞く?」とか「ツェッペリン聞く?」っていう会話は明らかに前者の方がおさまりがいいものね。だから、勘違いファンが増えるんだわ。
1994年のツアーは、ゴリゴリのブルース・ツアーだった。「レイラ」も無ければ、「ワンダフル・トゥナイト」「サンシャイン・ラブ」もないブルースオンリーのツアーだった。クラプトンの一番やりたい音楽だ。
『フロム・ザ・クレイドル』(ゆりかごから・・・)というアルバムは前編ブルースのアルバムで、クラプトンのコアなファンでは、話題になった。そのツアーだった。しかし前年のグラミー賞を「ティアーズ・イン・へブン」で総なめにしているから、日本のにわかファンはヒット曲を期待する。このツアー、やけにカップルが多かったんだよね。みーんな、「レイラ」とか期待して・・・。最初から最後までずーっとブルース。女の子なんてあくびしてたもんな。男の方はみんな女の子の顔色を伺いながら焦ってるし・・・。僕はそれを見ながらゲラゲラ笑ってた。

 僕は高校時代からクラプトンを聞き始めたが、世に言う3大ギタリストの一角という認識で聞き始めた。しかし、最初に聞いたクラプトンは当時発表されたばかりの『バックレス』というアルバムで、レイドバックしたアメリカン・カントリーのようなアルバムだった。「これが3大ギタリスト?」と思ってしまうのも無理はない。3大ギタリストと呼ばれるクラプトンは、ヤードバーズやクリームの時期を指すと知ったのはあとになってからだ。
「ヴォーカルのうまいギタリストだなぁ」と思い、あれから四半世紀経ってしまった。
嫁さんに初めてクラプトンを聞かせたときは、ギターなんて聞いちゃいなかった。「ワンダフル・トゥナイト」の渋いボーカルと写真で見るひげ面の渋いクラプトンで彼女は一発でファンになった。そういえば、嫁さんも大学生から聴き始めているな。
そんなもんなんだよ。
ギタリストとしてのクラプトンという認識よりもボーカリストとしての認識が多くを占め(特に「ティアーズ・イン・ヘブン」以降)、老若男女が武道館を埋め尽くす中、高校生以下は今も昔もいなかった。

 ブルースを追いかけ、十字路で悪魔に魂を売り渡す寸前まで行った男。若くして神と呼ばれ、その重圧と戦い、時には天使の薬が体を蝕んだ男。親友の妻に恋をし、苦しみ、歌を捧げ、果ては自分のものにするが、その蜜月も長くは続かず自分逃避をはじめる男。よわっちい男だ。

 そんなこと考えて聞いてる人なんて、ごくわずかだわな。そんなこと考えて聞き始めたら、逆にセールス落ちるかもしれないし、世の中の購買層はそんなこと考えて聞いてないもんね。
①良いと思ったから聴く②流行っているから聴いておかなくては、と思う③大学生になったんだから今更J-POPじゃないだろう・・・
こんな感じで分かれて、クラプトンのセールスはググーンと上がっていくのだ。

 ちょっと強引な意見だが、あながち間違ってないと思う。
効果測定するなら、他のアーティスト名をクラプトンのところに当てはめてみるといい。一番しっくり来るのがクラプトンなんだよ。

d0286848_1811345.jpg

2004年12月6日
花形
[PR]
Commented by soru at 2017-08-07 17:14 x
自分は今高校生ですが、生まれた時からきいています。(元は両親が好きなので)そして今クラプトンが好きでギターを始めました。ちなみに自分は熱狂していますよ笑自分の音楽の原点はクラプトンにあるというくらいなんで笑
Commented by yyra87gata at 2017-08-07 22:59
> soruさん
コメントありがとうございます。
世代ですね〜。ご両親は多分私より歳下かと思います。
私の世代で生まれた時から聴いている人はいませんし、歌詞の内容を理解するとしたら高校生でもきついかもしれませんしね。
但し、感性で考えれば年齢は関係ないかもしれませんが…。
by yyra87gata | 2012-12-12 18:01 | 音楽コラム | Comments(2)