音楽雑文集


by yyra87gata

『HORO』  小坂 忠

 久保田利伸とかドリカムの吉田美和とか小柳ユキとか歌がうまいのはわかるんだけど、もう少し押さえて歌ってほしいね。“私は上手いです、声出ます”みたいに歌われると聴いてて疲れるんだよね。余裕をもって歌ってほしいわ。やたらと母音を強調してワーワー叫んでいるシンガーをソウルシンガーと称して、勘違いして売り込んでるレコード会社もいいかげんにして欲しい。英語訛の日本語と黒人のブレスを真似されてもどんどん冷めてくるんだよな。そんな物真似ソウルシンガーじゃ無くて、日本のソウルシンガーっていったら、なんたって小坂忠でしょう。
 小坂は、日本語を大事に歌い、それでいて感情をぶつけられる稀有なシンガーだ。1966年ロックグループ「ザ・フローラル」を結成しデビュー。その後、細野晴臣、松本隆らと「エイプリルフール」を結成(アルバムジャケットの撮影はアラーキ)。解散後、ロックミュージカル《HAIR》に出演。日本ロック界の草分け的シンガー&ソングライターだ。1971年、ソロアルバム『ありがとう』を発表。同時にフォージョーハーフを結成(松任谷正隆、後藤次利、駒沢裕城、林立夫)。ちなみにフォージョーハーフは“四畳半”のこと(時代だねぇ)。そして燦然と光り輝く名盤『HORO』(1975)を発表する。この作品は日本のR&B、ソウルの元祖として、数多くのミュージシャンに影響を与えている。
 『HORO』はとにかくハード・ボイルドだ。“格好良い”という尺度はその時代その時代で異なるものだけど、70年代の“男は黙って・・・”的なノリが感じられる逸品である。
演奏面でも細野晴臣、鈴木茂、松任谷正隆、林立夫といったティン・パン・アレイの面々をはじめ、吉田美奈子、大貫妙子、山下達郎がしなやかに小坂のヴォーカルに彩を添えている。
タイトルソングの「ほうろう」から、それまでの日本ポップスにはない匂いがプンプンにおうはずだ。「機関車」の詞の辛らつさ、「氷雨月のスケッチ」「ふうらい坊」ははっぴいえんどのナンバーを小坂の解釈でカバーしている。「ゆうがたラブ」「しらけちまうぜ」までくると男の私でも惚れ惚れする。
 このアルバムが発表され、小坂はティン・パン・アレイの面々と全国ツアーに出た。このツアーはそれまで日本に存在しなかったスィートソウル、シティ・ポップという概念が生まれ、日本軽音楽のターニングポイントとなった記念すべきものだったようだ。僕はこれを映像でしか確認していないが、とにかくショーアップされたステージと音の作りの良さが際立ったものだった。1975年は拓郎やかぐや姫がつま恋で叫び、キャロルが日比谷野外音楽堂を焼き討ちにした年である。クロスオーバーという言葉が生まれ、ニューミュージック元年と呼んでもいい年かもしれない。そんな年にこの『HORO』は生まれたのだ。セールス的にはニッチなジャンルだけに今一歩だったようだが、玄人受けしたこのアルバムは、ミュージシャンのバイブルになっていった。

 小坂は娘の交通事故をきっかけにクリスチャンになり、教会でゴスペルを歌うようになる。この選択はみんなが驚いた。あのソウルフルなヴォーカルはゴスペルシンガーとなり神の教えを音楽で説くようになる。僕は、ゴスペルシンガーの小坂を見たことがあるが、細い体から搾り出すように歌い上げる歌唱はビデオ映画で見たティン・パンの頃のそれとは明らかに異なっていた。ティン・パンの頃はまだ歌い方を模索しながら雰囲気で歌いきっていたかもしれないが、ゴスペルシンガーの小坂は神がかっているようにも見えた。
 小坂は2000年よりティン・パンとの活動を再開。細野晴臣プロデュースによるアルバムd0286848_22311837.jpg『People』(2001)を発表し、古くからのファンに元気な姿をみせた。同時期に日本初の音楽宣教神学校「ジャパン・ミッション・ミュージック・スクール」の初代学長として後輩の育成にも力を注いでいる。
日本のR&B、そしてゴスペルの両面で力を開拓者といえるアーティストである。

2005年9月30日
花形
[PR]
by yyra87gata | 2012-12-16 22:31 | アルバムレビュー | Comments(0)