音楽雑文集


by yyra87gata

『南から来た男』 クリストファー・クロス

 時は1980年。ちょうどロックも曲がり角にさしかかっていた時分のことだ。
なぜなら、この年、ツェッペリンのジョン・ボーナムは死亡し、バンドは後に解散を表明したし、パープルはリッチー・ブラックモアの脱退が響いて人気は低迷し、解散(1976)。エアロスミスに至っては、看板ギタリストのジョー・ペリーの脱退が響き、発表されたアルバムは酷評。時代錯誤のハードロックと揶揄され、メンバーはドラッグ漬の日々だったとか。
世界中の音楽界はテクノが席巻し、ポリスやコステロといったニューウェイヴの時代に移っていった。アメリカの歌姫であるリンダ・ロンシュタットやポール・マッカートニーでさえ、ニューウェイヴの波に飲まれた。そして、リズムマシーンと打ち込みの時代に突入し、ドラマーは失業して行ったのだ。
無味乾燥なリズムは、新しい時代を表現したかもしれないが、僕の耳には平坦な音の繰り返しに過ぎなかった。

d0286848_1241387.jpg

 そんな時代に敢えてソフトロックの範疇から一人アーティストがデビューを飾った。
クリストファー・クロス。
デビューアルバムは、『CHRISTOPHER CROSS』(1980)邦題:南から来た男。
大物ゲストの参加で話題になった新人のデビューであった。ギター・ソロにラリー・カールトン、ジェイ・グレイドンなど。コーラスでは、ニコレット・ラーソン、マイケル・マクドナルド、ヴァレリー・カーター、ドン・ヘンリー&J・D・サウザー・・・。
プロデューサーがエア・プレイ系でなく M・オマーティアンというのも意外だった。
但し、参加メンバーの名前を見るだけで、音が聴こえてくるようだが、一番驚いたことは、C・クロスの歌声だ。風貌とは似つかない声が意外性を生んだ。頭髪の薄いちょっと太った年齢不詳の男がいきなりボーイソプラノで爽やかに歌い、ひとたびギターを弾き始めれば、バリバリ弾きだす。意外の連続であった。
 当時の最先端だったアクティブ・ピックアップEMGを搭載したバレー・アーツのギターで速弾きを決める。ちょっと出たお腹にギターを乗せ、弾きまくる。C・クロスは、バークレー卒業ということもあり、ギターの腕前も基礎に忠実な運指を見せた。スタイル的にはちっとも格好良くないのだが、ついついMTVでは、彼の姿(指)を見入ってしまう。

 このアルバムは、グラミー賞でロックやフォーク、ジャズ、クラシックなどのカテゴリー枠を超えた全ジャンルの作品が対象である「最優秀レコード」、「最優秀アルバム」、「最優秀ソング」、「最優秀新人」の主要4部門を総なめにしてしまった。1958年からはじまるグラミー賞の長い歴史の中でその4部門を独占したアーティストはクリストファー・クロスだけである。

 僕はこのアルバムを聴くたびに、あの頃の時代を感じるのだ。アレンジや曲調ははっきり言って驚くほどスタンダード。奇をてらったものは無く、むしろ正統派のAORである。その作品がニューウェイヴの中で輝いていたのかな、と。カミソリのような鋭いビートが街にあふれる中、落ち着いたポップスが人々の安息の地になったのか・・・。
このアルバムの後、C・クロスは映画《ミスター・アーサー》のテーマソング「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」をヒットさせ、これは日本でも大ヒットした。
 僕は1986年の彼のライブに行ったことがあるが、相変わらずの美声がよみうりランド・イーストの野外ステージから夏の夕空に響き渡った。目を閉じて聴くと心地よいが、どうもあの風貌で歌われてもなぁ、なんて思ってライブを観ていたが、ステージにかける真面目な姿勢には好感が持てた。
ラストソングの「Ride Like The Wind」では、ギターが壊れるんじゃないかと思うほど弾きまくっていたが、体をのけぞらせていても運指はしっかりクラシックギターのようにしっかりしていた。
けっして取り乱さず、収まりの良いショーだった。カップリングでその後登場したグレン・フライのアメリカンなライブが、ダルに見えた。同じアメリカ人でこうも違うか、といった感じ。

 最近、C・クロスの話題を耳にしないが、元気に歌っているんだろうか。相変わらず太っているんだろうか。

2006年12月8日
花形
[PR]
by yyra87gata | 2012-12-24 12:41 | アルバムレビュー | Comments(0)