音楽雑文集


by yyra87gata

清志郎の「デイ・ドリーム・ビリーバー」

 うるさいオヤジの戯言と言われてしまえばそれまでだが、嫌なものは嫌なのだ。ま、大河ドラマ「八重の桜」的に言えば「ならぬものはならぬ」のである。

 いつから忌野清志郎はお茶の間に平気でオンエアされる歌手になったのか。誰も彼のことを国民的歌手などと言ってはいないが、セブンイレブンのCMで使用されるTHE TIMERS名義の「デイ・ドリーム・ビリーバー」を聞いているとそのような気分になってくる。
セブン・アンド・アイ・ホールディングスの広告投下費用がいくらかは知らないが、莫大な数のオンエア数を見れば、あの歌はモンキーズの歌ではなく清志郎の歌と勘違いする人も出てくることだろう・・・ということで、何が言いたいかというと、私はお茶の間に普通に入ってくる清志郎が好きではないし、そもそもの清志郎が歌うあの「デイ・ドリーム・ビリーバー」が嫌いで仕方がない。

 清志郎の歌唱は促音を強調し、独特のイントネーションで日本語を強調するもので決して万人受けするものではない。どんなに美しいメロディも彼の歌唱にかかるとすべて彼の世界に変化してしまう。その点ではオリジナリティ溢れた最高のシンガーなのであるが、私の中ではそれらを一般のテレビから日常的に聞きたくないというのが本音なのだ。普通に考えれば彼の歌唱は独特すぎるし、例えば爽やかな朝の番組の合間にCMで清志郎の声はいかがなものかと思う。

 私は忌野清志郎が決して嫌いなわけではない。どちらかといえば私は中学、高校時代にどん底のRCがトップスターに飛翔していく様をリアルタイムで見ていたので、彼への親和性は非常に高いと思っている。RCがエレクトリックバンドに変わり、満員の「渋谷屋根裏」のライブこそ見逃してはいるが『RHAPSODY』(1980)の実況で有名な久保講堂には足を運んでいる。どちらかといえばファンなのである。それでも、彼の音楽性やマスコミへの態度などを見ていると普通ではない人という認識となり、彼独特のユーモアでロックスターを演じているのかもしれないと思ってしまうこともある。ま、それはそれでいいのだが、もちろん私は彼と面識は無いので「いちファン」として感じたこと・・・つまり、彼は歌謡曲の人ではなく、芸能界の人でもなく、ロックの人だということ。そこだけははっきりさせておきたいのだ。
彼が病魔に倒れ、若くして命を落としたことは痛ましい事実だ。しかし、彼がもし今生きていたら・・・今のマスコミの「彼の扱い」に対し「彼」はどう思うか。

 彼は常に反体制だった。1980年代に起きたチェルノブイリでの原発事故のことを誰よりも心配し、メッセージを歌に乗せ抗議活動を行なった。それは自らの音楽人生を賭けんばかりに、テレビ局やレコード会社に毒づいた。そんな彼の声はそれまでの偏ったロックキッズだけに留まらず、一般のリスナーにも届くようになっていった。その流れを知ってか知らずか、彼は自分の意思による言葉という武器でもともとロックミュージックの持つ反体制という概念に則った表現で社会に訴えかけた。その時のアルバムはRCの『COVERS』(1988)や『コブラの悩み』(1988)に表現されている。
しかし、彼はもともとブラックミュージックやソウルミュージックが好きな音楽青年にすぎなかった。音楽を「売れる」「売れない」という範疇で語るのではなく、自分の好きな音楽を好きなだけ表現したいだけのピュアなミュージシャンだと私は思っている。そんな彼の歌が支援されている(ヒットする)ということはどういうことだったのか。つまりそれまでで日本の音楽シーンで反体制のロック歌手がヒットを飛ばすということは後にも先にも無かったことなのだ。だから伝説の「キング・オブ・ロック」という称号を得たのかもしれない。そう、私はこの「キング・オブ・ロック」という言葉も嫌いだ。何故清志郎がキングなのだ?所詮日本のロックはアメリカ音楽の物真似じゃないか。JBのマントパフォーマンスを清志郎が行なうことだって彼特有の洒落じゃないか!そんなこともわからないで盛り上がり、キング呼ばわりは逆に彼がかわいそうなんじゃない?そして、日本の音楽産業やそれを取り巻く世界は欧米ほど成熟していないから人気がありそうだ、モノが売れそうだ、人が集まりそうだ、・・・そんな話題だけで音楽を巻き込み、踊らされるリスナーたち。そしてそれは作り手が望まない世界へ展開することだってあるのだ。

 
d0286848_13301056.jpg
私の好きな清志郎は彼のヘアスタイルのように尖がっていて、マスコミなんかにケツを向けているただのシンガーなのだ。日比谷野音と日本武道館を満員にさせ、オーティスの物真似だけど「ガッタガッタ・・・」って叫びながら、日本のおかしな政治屋やモンキービジネスの豚どもを嘲笑しながら歌い飛ばすシンガーに過ぎないのだ。おかっぱ頭で客に毒づきながらアコースティックをかき鳴らしている清志郎から何も変わっちゃいないのだ。
だからあの「デイ・ドリーム・ビリーバー」は、お茶の間に平気に流れる清志郎が体制側に回っちゃったみたいで違和感があるんだよな。

「ずっと夢を見て、安心してた・・・僕は、デイ・ドリーム・ビリーバーそんで彼女はクィーン」・・・この歌詞の彼女って清志郎のお母さんのことだって知っている?
清志郎の歌声が今日もTVから流れている。画面には、幸せそうな家族やカップルが色とりどりのおにぎりやお弁当を手に笑っている。
この映像に清志郎のヴォーカルねぇ・・・違和感があるのは私だけか・・・。
まぁ、いい。嫌なものは嫌なのだ。

2013年7月16日
花形
[PR]
Commented by ゆうこ at 2013-07-20 21:11 x
すばらしい記事ですね。
さすが、清志郎 のファンですw
そのひねり方・・・愛がにじんじゃってますよ(*^_^*)
Commented by yyra87gata at 2013-07-23 22:25
ありがとうございます。大好きなだけに特別な感情が出てしまうのだと思います。
Commented by baby K at 2014-01-25 01:13 x
本人の生声が聴けなくなった今  毎日 TVから流れてくるボスの声
、私は元気を貰っています。「すごいだろう?!」と本人が1番喜んでいると思います
Commented by yyra87gata at 2014-01-25 10:10
音楽を通してそれぞれの感じ方がありますよね。特に鬼籍に入ったアーティストに対する想いは、その方だけわかればいいのかもしれませんしね。
Commented by ぶmぼkぁあt at 2014-03-13 04:01 x
自分も吐き気がします、セブンのTVCM。
けどキヨシローはまぎれもなくキングかと。ドキングだよ。大超越。
自分も古くからのファン。パパの歌でコイツ体制側に寝返りやがった、とそっぽ向いた。大間違いだった。
RC以降良く聞いてみなはれ。遥かに高いとこで勝負してるよ。
とんでもない仕事量。大天才かと。
けどセブンのCMはやたら偽善的に聞こえるんだよな。
クソレトルト食品とか、いかにも日本の味みたいにごまかしやがって。
ボス何とか言って下さい~

ま通りすがり失敬
Commented by yyra87gata at 2014-03-15 12:38
要は、残された音源の使われ方なんですよね。
使われるだけで手放しに喜ぶ方もいれば、私のように異議がある人間もいる。天国の清志郎は面倒臭えって笑っているだけかもしれませんが…(笑)
Commented by kytmama at 2014-11-13 09:09 x
言いたいこと全部言ってくれた感じで思わずコメントしています。
CM、使い方はともあれ清志郎を知るきっかけになった人もいるのでいいかなあ、と。
ただ清志郎=セブンとなるのはなんだかなあ。
癪です。
Commented by yyra87gata at 2014-11-13 18:22
ありがとうございます。そうなんです、癪なんです。お前らファッションで清志郎を選ぶなよ、と言いたいんです。
しかもデイドリームビリーバーでしょ。
カバーを選曲したいなら、今の時代、サマータイムブルースでも流してみろと言いたいです。
あ、すいませんちょっと興奮しました。
Commented by takehideki at 2014-11-28 14:41
初めて読ませて頂きました。ですよねえ。彼が生きていたら、何を歌っただろうと思う震災以後です。少なくとも、ああいう出方じゃないでしょうからねえ。また覗かせて頂きます。
Commented by yyra87gata at 2014-12-03 13:09
ありがとうございます。
音楽と商売は一体となるものなのでしょうが、「思い」や「魂」は別次元ですからねぇ。
私は清志郎ではありませんが、たぶん彼であれば「デイドリームビリーバー」じゃないだろうな、思った次第です。
Commented by ぱち at 2015-05-01 20:59 x
同感です
Commented by yyra87gata at 2015-05-04 22:34
ありがとうございます。
それぞれの愛し方があると思いますので…。
Commented by karasawagikarakar at 2017-07-30 18:11
テレビで忌野清志郎の歌が→体制にとか言われても、1982年に坂本龍一と「いけないルージュマジック」歌ってるし、1983年にはRCの「ベイビー!逃げるんだ。」が三菱ミラージュのCMソングに使われ、共にCM出演もしてますよ。
そしてそもそも「デイ・ドリーム・ビリーバー」はリリースされた1989年にエースコックのCM曲として使われているよ。清志郎がちゃんと承諾して使われている。しかもセブンイレブンなんかと比較にならないぐらいに軽薄な若者が騒ぐCMで。
そしてどれもこれも大企業の大量オンエアに乗っている。
なんか忌野清志郎を昔から聞いてきた風のことを書いているけど、それらを知らないって段階で、今頃「清志郎は反体制」とか言い出したみたいでカッコ悪いw

ついでに言うと「デイドリームビリーバー」が3歳の頃に亡くなった母親のことを歌っているとか言い出して美談にしたのは、あなたが嫌っているマスコミ、体制側だからね。忌野清志郎は生前そんなこと言っていないし、スタッフサイドもそんな事は一切発表していない。マスコミの捏造美談というのはファンの間では定説。
Commented by yyra87gata at 2017-07-30 18:44
コメントありがとうございます。私は本文にも書いてますが、うるさい親父の戯言として書いてます。彼の歌が昔からCMに使われているなんて百も承知です。だから、セブンに止まらずCMに使われている時点で違和感があると言っているのです。私は昔から彼を見てきていますが、盲目的なファンではありません。ちなみに私はこの盲目的なファンが大嫌いです。
清志郎が認めているからCMに出ているのでしょうし、ギャラも貰っているんでしょう。それについてヘェ〜って思っているだけです。
いろいろな聴き方、接し方があります。
by yyra87gata | 2013-07-17 12:00 | 音楽コラム | Comments(14)