音楽雑文集


by yyra87gata

<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 定番だが『ムーンダンス』を推す。ヴァン・モリソンである。
アイリッシュのブルー・アイド・ソウルのコアを担っていたゼム。その中心的存在のヴァン・モリソンが1966年にソロとなり、『アストラル・ウィークス』(1968)は時代に合わない名盤として有名になってしまったが、その後R&B路線に回帰した『ムーンダンス』(1970)を発表。わずか21歳の時の作品で、ゼム以上の人気を博すことになる。
 当時の音楽を見ると1960年代の終焉、つまりビートルズの解散やニューロックと呼ばれるサイケデリックやプログレの登場、ブラックミュージックの台頭など様々なジャンルの音が巷に溢れていた頃、アイドルポップに嫌気がさし、一時期はジャズ方面に動いたモリソンだったが、もともとのソウルフルな歌声や音楽性を活かしロック、ソウル、ブルースを融合し世界的なブルー・アイド・ソウルの一人者となっていく。

 『ムーンダンス』は「捨て曲が無い」「名曲揃い」と数多くの方に支持されているアルバムである。特に1曲目から4曲目の流れは秀逸で、その4曲で満足される方もいる。
思いっきり跳ねるわけでもなく、キャッチーなフレーズがあるというわけでもない。ただそこにはひたむきに音楽と対峙している若者の声があるだけだ。
よく聴きこめばミキシングも稚拙であり、音の分離についても悪い。サックスとピアノが左右のスピーカーに分かれ、今の技術からしてみるとバランスなんてあったものではない。ヴォーカルの位相も決して良いとは言えないが、そのような次元でつっこみを入れてもビクともしない音楽の完成度がそこに存在する。しかもそれが21歳の時の作品なのだ。老成しているというか、なんというか・・・。
 僕はザ・バンドが好きだ。つかみどころのないあの老成された音楽。妙な落ち着きを持ち、この道何十年という顔をして若い時から活動していた彼ら。ヴァン・モリソンを聴いたときに同じ匂いがしたのだ(ちなみにザ・バンドの4作目『カフーツ』(1971)にモリソンは参加している)。
時代に流されない不変さといえば聞こえは良いが、頑固一徹の音楽という方が言い得ていると思う。とにかく「筋が通っているというのはこういうこと」という典型で、「本物は華美な演出はいらない」と黙っていても顔がそう訴えてかけてくる。もちろんフロントラインに立つアーティストは容姿も大切なファクターだが、マイク1本で声を出せば、本物かどうかの見分けは誰でもつく。そんな本物のアーティストなのだ。

 彼が動いている姿を日本で見た人はいない。未だに来日していない大物シンガーのひとりである。飛行機嫌いというもっぱらの噂だが、何か別な理由もありそうだ。多分、期を逸してしまったアーティストなので、彼を収容する箱とギャランティのバランスが取れないのかもしれない。彼の音楽性からして東京ドームや日本武道館という箱ではない気がするし、かといって洒落たライブハウスというわけにはいかないだろう。気難しいというモリソンのお眼鏡に叶う箱とモリソンの人気がリンクしていればいいのだが、まず来日は望めないだろう。

 さて、『ムーンダンス』の中で僕はなんといっても「クレイジー・ラブ」を推す。ザ・バンドのラストステージで弾けながら歌った「キャラバン」や確実にスティングの音楽性に影響を与えている「ムーンダンス」なんていうのも良いのだが、若干21歳の男が老練な歌唱を響かせる「クレイジー・ラブ」は秀逸なのだ。
 
1000マイル先からでも彼女の鼓動がわかる
それから、彼女が微笑むたびに天国が開ける
それから、彼女のもとに行く時はそこが僕の居る場所になる
流れる川のように
僕は彼女のもとに 流れていってるんだ
彼女は僕に愛、愛、愛、愛、夢中になるほどの愛をくれるんだ
彼女は僕に愛、愛、愛、愛、夢中になるほどの愛をくれるんだ

 一番の歌詞だけでも狂おしいほどの愛の感情が湧き出ている。そして、彼女が微笑んでいるかのような優しい音が曲全体を包んでいるのだ。モリソンのヴォーカルも秀逸。
これほどのラブソング。そうは見たことがない。

 何回も書くが、ヴァン・モリソン21歳の作品だ。
脱帽。
d0286848_15362560.jpg

2013年5月17日
花形
[PR]
by yyra87gata | 2013-05-17 15:36 | アルバムレビュー | Comments(2)
 確かバラエティ番組だったと思う。和やかな雰囲気の中で1人だけ異彩を放っている男がいた。まるで獲物を狙う狼の様に目をギラギラと光らせ、聞き手を食い入るように見つめる。落ち着きの無いしゃべりは、何か言いたいことがうまく言えないもどかしさをそのまま言葉に乗せているようだ。何度も頭をかきむしり、長髪の髪がボサボサになっていく。
 エレファントカシマシの宮本浩次の第一印象。1990年代後半だったと思う。
まだAKB48も存在せず、隣に座っていた「モーニング娘。」のナッチが怯えていたっけ。
彼らの予備知識もなく、インディーズで話題になっているということでのゲスト出演だったと思うが、宮本のしゃべりにイライラしていた僕はテレビのチャンネルを変えようとした。しかしその時、彼からの意外な言葉にその行為を停止した。
「歌謡曲が好きなんですよ・・・西城、そ、西城秀樹、ヒデキ好きです!これから歌います!」
そう言うと宮本はバンドを従え、「傷だらけのローラ」を熱唱した。体をよじって真剣に歌うその姿。そして彼らの懐の深さに感心したものだ。彼らのオリジナルは正直言ってよくわからなかったが、宮本の持つカリスマ性だけは感じ取れた。
 そして、数年後。彼らはレコード会社を変え、テレビドラマの主題歌を歌うようになり少しだけメジャーになった。この「少しだけ」が、彼らっぽい。きっとヒット曲を出したら普通はそのまま同じ路線で走り、コンサート活動とアルバム制作でファンを増やしていき、1~2年もすれば飽きられる。音楽ビジネスなんてそんなものだが彼らにはインディーズ時代のファンがそこに存在しているので、ヒット曲の1曲や2曲で快哉をあげる者はいないのだ(もちろんヒット曲に乗ったにわかファンはいただろうが・・・)。
それは彼らの置かれた状況が物語る。1988年エピック・ソニーからデビューしたものの1994年に契約を打ち切られ、所属事務所も解散。その後も地道にインディーズで活動する。そんな彼らが最高だというファンがかなり多いからだ。

 
d0286848_21582610.jpg

 そんなエレファントカシマシ。僕は彼らの男臭い骨太なロックだけでは耳を傾けなかったと思う。彼らの音楽が気になってしょうがない部分、それは、音の構成だ。
彼らは、シンプルなロック編成。ライブでは宮本のヴォーカルのバックではエレキギター、ベース、ドラムとゲストミュージシャンとしてキーボードが入る。ただそれだけ。アルバムもほぼ同様。通常、激しいビートに小難しい歌詞や魂の叫びを乗せていくと説教臭くなる場合が多い。しかし彼らの骨太なロックはただのロックンロールではない。どちらかといえばロックの中にポップ性が息づいているのだ。その答えはプロデューサーにあると僕は思う。なぜなら、宮本浩次のプロデュースした作品はゴリゴリのロックだが(それはそれで格好良い)、プロデューサーを迎えた作品はエレファントカシマシの持つ音楽性が人の手により広がっていくからだ。シンプルなロックであればあるほど、音の振り幅は大きくなる。それはボブ・ディランのアルバムを聴く感覚に似ている。
 エレファントカシマシの場合、佐久間正英、岡野ハジメといった前衛的な音楽を得意とするプロデューサーから小林武史、亀田誠治といったJポップの王道を行くプロデューサーとも絡む。他にも久保田光太郎、土方隆行といったギタリストのプロデューサーとも作品を制作している。どのプロデューサーも引き出しは多く、シンプルな彼らの音楽に彩りを加える。
しかし、なんといっても最近の彼らのベストパートナーは蔦谷好位置だろう。彼らの激しいビートに絡むストリングスの絶妙なアレンジ。それはビートルズの後期に見られるアバンギャルドなストリングスでもあり、なだらかな砂丘を思わせる平穏もある。
ビートポップスにストリングスやブラスが入ると軟弱になりがちだが、そこは宮本の叫びがそれを許さない。

 ああ、エレファントカシマシよ。いつ復活の狼煙をあげるのか。
宮本の難聴は残念なニュースで未だにライブ活動は無期延期となっている。
早く治して、また再び蔦谷好位置と一緒に日比谷野音で雄叫びを上げて欲しい。
ふと、ラジオでエレファントカシマシが流れ、思いのまま書き綴ってしまった。
d0286848_21591961.jpg

2013年5月14日
花形
[PR]
by yyra87gata | 2013-05-14 21:59 | 音楽コラム | Comments(0)