音楽雑文集


by yyra87gata

<   2015年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

  
d0286848_19253566.jpg

 「こういう音楽は自分には合わなかった・・・」ってアルバムを発表してからコメントしてしまう潔さというか何と言うか。
やはりジョンは天使の子供なのだ。

澄み渡るエンジェル・ヴォイス。
バッキングはドラマチックあり、変拍子ありの曲者YES。そのヴォーカリスト、ジョン・アンダーソンが1988年に発表した『イン・ザ・シティ・オブ・エンジェル』は当時の流行であったAORを取り入れた意欲作だ、と思っていた。
冒頭のインタビューを聴くまでは。

 当時、私は心待ちにしてこのアルバムを聴いたわけでもなかった。ただ何となくレコード屋に行き、何となく手にとってみただけだった。ほんの気まぐれ。
ジョンが西海岸のミュージシャンとどんなアルバムを作ったんだろうか、くらいの軽い気持ちだったと思う。
なんせ、霧雨の降るロンドンのジトジトした地下室のスタジオでガッチャンガッチャンと変拍子を刻んでいるイメージのYESのヴォーカリストが西海岸でTOTOのメンバーとどんな音を出すんだという興味本位だけだったかもしれない。

 YESは当時『ビッグ・ジェネレーター』(1987)を発表しており、トレヴァー・ラヴィン色の強いアルバムでジョンはどこか居心地が悪そうだった。実際ライブのセットリストでも揉めることがあり、バンドに対してフラストレーションが溜まっていたのではないかと思われる。だからソロアルバム制作ということもわからないではないが、今までの曲調と180度違う音楽ともいえるAOR。いくら時代がそうであってもブリティッシュ・プログレの雄であるYESのフロントマンが・・・と思うのだが、私はとにかく軽い気持ちで聴いた。

 これが実に気持ちよいのである。
ジョンのハスキーハイトーンヴォーカルが一つの楽器の如く、乾いた軽快なブライトサウンドに溶け込む。
なんせ、アメリカ西海岸の一流どころのミュージシャンが集まって制作したアルバムだ。クォリティ的に悪いはずが無い。あとは好みの問題。
ついでに言えば、ヴォーカリストとしてのジョンが好きなのか、YESのジョンが好きなのかと問われそうだが、どちらの音楽性にも音はフィットしているということは、私はきっとジョンの声が好きなんだろうなと思うのだ。
 
 今、改めてアルバムを聴くとシンセサイザーの音色やリズムパターンに多少の古臭さは感じるが、80年代ポップスのフォーマットに則った上質なアルバムである。
跳ねるようなジョンのヴォーカルが、お気楽なリズムに適用し、YESでは出すことのできないシーンを私たちに体感させてくれる。
世間的には名盤とは言い難いかもしれないが、決して侮れない作品であるし、少なくとも私は発表されてから何度も聴きなおしているので、私にはとてもフィットした作品だ。

 偉大なバンドのヴォーカリストがソロアルバムを出すと、比較対象が有る分余計な感想を持たれる。
ストーンズのミックやキース、フロイドのギルモア、ビートルズのジョンやポールだってそうだった。
私は、バンドではできないことをソロアルバムに託すミュージシャンが結構好きなのでこのアルバムもすんなり入ったのかもしれない。たとえジョンが冒頭のコメントのように失敗作だと言ったとしても!
だから、バンドと同じようなことをされるとゲンナリすることもある。
誰とは言わないが、それバンドでやれば良いじゃない!って突っ込みを入れたくなる。
そういう意味でこのアルバムは満足である。


2015年9月25日
花形
[PR]
by yyra87gata | 2015-09-25 19:26 | アルバムレビュー | Comments(0)
d0286848_16355699.jpg

  山下達郎のコンサートに行かれたことがない方。
一度は観てください。
少しでも達郎氏の音楽が共有できるのなら是非一度、コンサート会場に足を運んでください。
1流のエンターテイメントのステージが体感できます。 
彼は音楽への拘りを異常な程持っており、それがたとえ商業的な部分から外れたとしても、自分の信ずるものであれば信念を貫き通します。
彼の音楽に対する向き合い方は音楽の匠であります。
よくラーメン屋で「今日は満足のいくスープができなかったから休業します」なんて紙が店先に貼り出され、扉が閉じていることがあります。冗談なのか本気なのかわからない貼り紙ですが、達郎氏が見ればフムとうなずく事でしょう。彼に妥協は無いのです。
「レコーディングはきりが無い。いつまでもやっていられる。締め切りがあるから止めるだけで、ぎりぎりまで喘ぐのが私のレコーディングだ」とインタビューで応えています。
また、リハーサルに満足がいかず(あるキーボーディストが「Get Back in Love」のイントロがどうしても弾けない!)、ギリギリまで進めていたが、ゲネプロ(コンサートツアー前日に実際のホールを使用して行なうリハーサル、とおしリハとも言う)で満足がいかずコンサート初日を飛ばしたことがあります。(1989年12月・戸田市文化会館)
そんな逸話が溢れます。
 
コンサートの動員を考えれば集客能力の高い東京ドームや日本武道館の公演を考えますが、客の立場になるとオペラグラスから見るコンサートが嫌な事やパイプ椅子や硬いプラスティックの椅子に3時間以上も座らされる客を思うとそんな会場でできないという拘り。
だから達郎氏の御眼鏡に適ったホールは中野サンプラザであり、大阪フェスティバルホールであったわけです。
 
また、彼の御眼鏡に適ったということで言えば、ミュージシャンです。達郎氏のバックミュージシャンは、それぞれがエキスパート。名だたる方ばかりで、リーダーアルバムを出している人もいますし、その筋では大家の人もいます。そのミュージシャンが繰り出す音は演奏力、表現力共に一流で、そのままコンサートをレコーディングすれば毎回ライブアルバムが無編集でできる位のクォリティであります(皆さん、世に出ているライブアルバムのほとんどは良い具合に編集されていますよぉ~)。
d0286848_1626750.jpg

 達郎氏のコンサートは昔から長いです。
私がよくコンサートに足を運んでいた1970年代~2000年位までの国内のミュージシャンのコンサートは、アンコールを含めてせいぜい2時間半でした。外タレですと1時間半~せいぜい2時間。会場を借りる問題、消防法の問題等もあったのでしょうが、そんな中、達郎氏は3時間半もパフォーマンスを行ないます。だから、通常18時30分や19時開演というタイムスケジュールが多い中、達郎氏のコンサートは18時きっかりに始まりました。遅くなれないなら、早く始めちゃえということでしょうが、客にとってみたら、もうその日はまともに会社なんて行ってられません。早退覚悟でコンサートに臨まないと間に合わんのです。
また、演奏が白熱すると時間はどんどん伸び、長いときでは4時間を超える時もありました。六本木PIT INNの時は貧血で倒れる客はいるわ、終電は無くなるわ、と大変なライブとなりました。
 
何故、そんなに長くライブをするのか・・・昔のインタビューによりますと「売れてない時期が長く、ライブを行なうのもいつも最後の気持ちでやるから、やれるだけやって帰るんだ」ということだそうです。
いやいやそれだけではないでしょう。
あれだけサービス精神旺盛で、お客様が楽しむということを念頭にステージを構成されている達郎氏。4時間もアッという間です。
だから、ステージに掛ける準備も厳しく、おいしいスープができなければ公演を「飛ばして」までも完璧なものを見せるのです。もちろん、戸田市文化会館の時は本人が舞台に出てきて3曲ほどピアノの弾き語りをし、陳謝したとか。
 また、喉の調子が悪く(高い音が出ない)5曲ほど歌った後、舞台から降りそのまま公演中止になったこともあり(1989年2月・神奈川県民ホール)、ちょうどその公演には家内が観に行っており、ちょっとしたハプニングを楽しんだとか。もちろん追加公演もあり、しっかり2度楽しめたと言っておりました。
恐るべし完璧主義者であります。ですから、2013年名古屋公演アンコールでおきた不届きな客への叱責によりその客を退場させた件は、大きな話題にもならず、達郎氏のコンサートを楽しみに来る客の中ではさも当たり前の事として処理されているのでしょう。
もちろん達郎氏も「皆さんを悪い気持ちにさせてしまった」と侘び、特別に追加の1曲をプレゼントするという粋なはからいもあったようです。

 達郎氏はここ近年毎年ツアーを行なっております。それはあたかも20代の頃の本数に近づかんばかりであります。
一時期、レコーディングで悩まれたり、信頼の置けるバックミュージシャンがあるミュージシャンとバッティングし、中々ツアーが組めなかったりということもありましたが、とにかく最近はライブ活動が盛んであります。
夏の野外イベントへの参加、ライブハウスへの参加など企画モノのライブもこなし、60歳を過ぎて、もますます盛んであります。2015年から2016年に掛けてのパフォーマンスは、全35都市64公演で、達郎氏の歳の数以上の本数であります。
チケットの争奪戦も始まっており、前半戦のチケットはほぼソールドアウトでしょう。
もちろん、私は手に入れましたが。
さ、今年も達郎ワールドの始まりです。

2015年9月15日
花形

d0286848_16273072.jpg

[PR]
by yyra87gata | 2015-09-16 16:36 | 音楽コラム | Comments(1)
d0286848_1547367.jpg

 日曜日の夕方、みんなは「サザエさん」の時間になるとマンデーブルー症候群となり、明日からまた1週間が始まる(始まってしまうぅ)という気分になる。
しかし、私は高校時代この症候群に陥ることは無かった。それは日曜の午後10時30分から30分間の音楽番組、JUN提供の「サウンズクリエーション」があったからだ。
この音楽番組、非常に硬派だった。それまでの音楽番組にありがちな司会者がいて出演者にインタビューするとか、曲前にくだらないMCが入るといった演出がまったく無い。タイトルが映し出された後、すぐに番組提供画面にJUNの文字。そしてJUNのCMが流れる。
このCMも他のCMと一線を画していて、モデルの女性は比較的露出が高い洒落た服を着て、石畳の街を歩いていたりして、非常に洗練されていた。ここにも余計なナレーションは無い。とにかくシンプル尽くめだった。
この番組は30分間で1組のミュージシャンを特集する。
スタジオライブが殆どだが、たまにライブ会場からのオンエアもあった。
もちろん番組内でもMCなどに時間は割かない。とにかく音楽を聴かせる演出なのである。
特にまだまだアンダーグラウンドな状況だった日本のロックやフォークに焦点を当て、生演奏が聴ける贅沢な番組だった(テレビ神奈川やテレビ東京は制作費が無いので、こういう変化球が得意である)。
ジョニー・ルイス&チャー、サンディー&ザ・サンセット、高田渡、斉藤哲夫などキー局で30分オンエアなんかしたものなら、プロデューサーの首がいくつあっても足りない。
でもこの尖り方が時代の音を掴んでいたとも言える。
矢野顕子の回は、バッキングはYMO+α。顕子の天真爛漫な歌声で「ごはんができたよ~」って歌う姿に反比例するかのように細野晴臣がつまんなそうな顔でベースを弾いているのが印象に残った。

そしてもうひとつ。
「パイオニア・ステレオ音楽館」
「サウンズクリエーション」と比べ、こちらはどちらかというとジャズ、フュージョンのミュージシャンが多かった。
高中正義やデビューしたてのカシオペア、テクノバンドのヒカシュー、プラスティックスといった時代の音が溢れていた。
平日の夕方6時から15分間の番組で、1週間の帯番組でオンエアしていた。好みのミュージシャンが出演するとなると勝手に部活を切り上げ急いで家に帰ったものだった。
この番組もCMは洗練されていた。パイオニア・ステレオの宣伝は高中正義自身が「ブルー・ラグーン」や「レディ・トゥ・フライ」を軽井沢かなんかのロッジの家で気持ち良く弾いているシーンが印象的。
また、パイオニアのカーコンポの宣伝はライ・クーダー。「ゴー・ホーム・ガール」や「ビッグ・シティ」が流れるとアメリカの乾いた映像が映し出され、一瞬にして荒野の雰囲気となる。
そして、まさに東京12チャンネルの隠れた名音楽番組「日立・サウンドブレイク」で紹介されるような映像がパイオニアのCMそのものだったのだ。
音楽の作り手からビデオクリップやMTVなどの映像が送出されるのは1983年あたりからだと思うが、「サウンドブレイク」は音楽プロデューサー毛利元海の選曲で独自の画像処理を行ない、雰囲気のあるビデオ作品を作り上げていた。そのセンスの良さは、売れ線で狙うレコード会社のそれとは一線を画していた。音楽が好きな人が作ったクリップと言えばいいか。
「パイオニア・ステレオ音楽館」は、小室等が司会を勤め、スタジオライブが主であったが、たまにライブ特集となると1週間の帯でライブ中継を行なうこともあり、たとえば高中正義の雨の日比谷野外音楽堂でのライブなどは、『T‐WAVE』(1980)を発表した頃だったので、ずぶ濡れになりながらもノリに乗った演奏をお茶の間に届けてくれた。
また、渡辺香津美、坂本龍一、矢野顕子、高橋ユキヒロ、村上PONTA秀一、小原礼などが在籍していたKYLYN bandのライブ特集など、「ザ・ベストテン」や「ミュージックフェア」では観ることのできない面子が目白押しだったのだ。

こういった番組は再放送とかしてくれないか・・・。著作権や肖像権の問題等あるのかもしれないが、テレビ局界の異端児であるテレビ東京(私はどうもこの名前が嫌いでね、東京12チャンネルと言いたいのだよ)ならやってくれそうな気がするのだが。

2015年9月5日
花形
[PR]
by yyra87gata | 2015-09-05 15:48 | 音楽コラム | Comments(6)