音楽雑文集


by yyra87gata

d0286848_16281823.jpg
 

私は出張先のビジネスホテルで映画を良く観る。多い時では月に15本くらい観る時もある。

先日、出張先で観たクライムホラー映画。2016年の作品「ミュージアム」(主演:小栗旬)は、雨の日に起こる猟奇殺人を追う刑事と犯人との壮絶な駆け引きの映画だ。

映画の内容はともかくとして、その映画の英語タイトルに目が行く。

THE SERIAL KILLER IS LAUGHING IN THE RAIN. ”

邦題タイトルの「ミュージアム」は猟奇殺人を衆人に晒すという犯人の残虐性から来るタイトルだが、英語タイトルはどちらかというと「雨」というストーリーのキーワードに触れたタイトルで、なるほどな、と思った。


さて、このタイトルを見た時に思ったことは、かつてニール・セダカのヒット曲で雨の歌がこんなタイトルだったな、と。(・・・全然映画と関係ないんだけどね)

邦題「雨に微笑を」、“LAUGHTER IN THE RAIN”である。

のどかでおおらかなポップスの大ヒット曲である。

のどかでおおらかなミドルテンポの具現化したものこそニール・セダカ私が最初にこの歌に触れたのは、小学生の頃に弾いたエレクトーンでのこと。譜面の端に記載されたアーティスト名を見るとニール・セダカとある。

私は、小学生ながらエレクトーンを弾いていたおかげで1950年〜1970年あたりのアメリカンポップスは熟知していた。だから、その曲の制作者にニール・セダカとあることにビックリしたのだ。

なぜなら私の中のニール・セダカ像は、「おお!キャロル」「カレンダーガール」や「悲しき慕情」といった脳天気なアメリカンポップスの人というイメージだったからで、白人の作り出す重厚なオーケストレーションや軽やかなピアノのタッチ、ロックンロールのビートなど古き良き時代の音を具現化したものこそ彼の持ち味という印象があったからだ。

そして、後日「雨に微笑を」のヴォーカル入りを聴いた時に再び驚いた。

なんと、柔らかなヴォーカルなのか。女性が歌っていると錯覚した人も多かったのでは無いだろうか。そこにはニール・セダカのやさしい高音が心地良く響いていた。


1950年代から1960年代中盤まで、アメリカの古き良きポップスはニール・セダカやポール・アンカ、当時作曲家デビューした新進気鋭のキャロル・キングなどが活躍するゴールデン・エラがあったのだ。

アメリカは太平洋戦争に勝利し、朝鮮戦争を終え、ゆったりとした時間が流れていた時・・・そこにはまだベトナム戦争も始まる前の裕福なアメリカがあり、急速に発達した楽器(エレクトリックギターやベース、電子オルガンなど)で、どんどん新しい音楽やビートが生まれていった。

シナトラがスウィングしながら軽やかに歌い、若手のプレスリーが新しいビートを刻む。アメリカンポップスが一番輝いていた時かもしれない。

しかし、その輝きもビートルズやローリング・ストーンズの登場で音楽地図が塗り替えられていった。第一次ブリティッシュ・インベイジョンの到来だ。シンプルな力強いビートと下世話な歌詞にティーンエイジャーは狂喜乱舞し、大人たちは眉を顰めた。

あんな髪の長いヒッピーのような男が鶏を絞めたような声で叫んでいるものが音楽なのか、と。

そして、その激流(ブリティッシュ・インベイジョン)はあっさりとアメリカンポップスを飲み込んでしまい、ポール・アンカやニール・セダカは一気に時代遅れの音楽に成り下がってしまった。

それからというものニール・セダカは、ブリティッシュ・インベイジョンに影響を受けたアメリカ版ビートルズであるモンキーズに曲を提供するといった皮肉な仕事もこなし、ドサ回り公演を経験するまで落ち込んで行った。

ひと晩39ドルでピアノを弾くという仕事まで請けた大スターは、再起を誓いつつ家族とともにイギリスに渡ることとなる。そのサポートをしたのがエルトン・ジョンであり、そこから起死回生の大ヒット曲が1974年に生まれた。

かつて自分を栄光の座から引き摺り下ろしたイギリスの音楽シーン・・・そのイギリスで再起の芽を掴んだニール・セダカ。

因みにこの「雨に微笑みを」はハリッウッド録音で、若手実力ミュージシャンだったラス・カンケル(Dr)、リー・スクラー(B)、ダニー・コーチマ(G)、ディーン・パークス(G)、ジム・ホーン(Brass)がバックを固めている。上質で丁寧なつくりだ。

LAUGHTER IN THE RAIN


Strolling along country roads with mybaby
It starts to rain, it begins to pour
Without an umbrella we're soaked to the skin
I feel a shiver run up my spine

I feel the warmth of her hand in mine

Oo, I hear laughter in the rain,
walking hand in hand with the one I love.
Oo, how I love the rainy days
and the happy way I feel inside.

After a while we run under a tree.
I turn to her and she kisses me.
There with the beat of the rain on the leaves
softly she breathes and I close my eyes.

Sharing our love under stormy skies

Oo, I hear laughter in the rain,
walking hand in hand with the one I love.
Oo, how I love the rainy days
and the happy way I feel inside.


突然の土砂降り・・・

冷たい雨の中、君が僕の手を包む

愛する人と行けば、こんな雨だって素敵なものさ

雨に微笑みを・・・

幸せは近くにあるものさ


雨は様々な苦難に書き換えられる。

突然襲ったブリティッシュ・インベイジョンに耐えながら・・・。

しかし、愛する家族は彼を応援し続け、彼は再起を果たす。

歌詞だけを見るととても甘いラブソングだが、そこにはニール・セダカの生き様が記されている。

一番の苦境に立ったときにこんなに優しいメロディーをあの柔らかいヴォーカルで歌うことができるミュージシャン。

だから、今でも現役でステージに立つことができるのだ。

音楽家生活60年を超えるレジェンドである。

妙な内容の映画から想起した素敵な歌の紹介でした。

d0286848_16291545.jpg

2017年5月31日
花形


[PR]
# by yyra87gata | 2017-05-31 16:29 | 音楽コラム | Comments(0)

d0286848_16093991.jpg





“カセットテープに好きな曲を録音し、好きなあの娘に送る” なんてことをみんなやってたでしょ。


好きなミュージシャンやシンガーのベストセレクションとか、ラブソングだけを編集して送るとか。中にはオリジナルの曲を弾き語りしたものを録音して送る、なんてしたことある人!今すぐ白状しなさい!ある・・・でしょ?


今、そんなものを再生されたら、舌かんで死にたくなる・・・女房に知られる前に処分しなきゃ!と思った人、いるでしょ!


いいじゃありませんか。青春の思い出、若気の至り、暴走する青い性・・・ちょっと違うか・・・ま、ほろ苦い思い出の人もいるでしょうね。


で、相談を受けたわけです。

高校2年の文化祭だったか…。


アタシは中学、高校と6年間一貫教育の男子高に通っておりまして(聞くだけで汗臭そうでしょ)、女子との接点なんてまずありえないんですよ!男子高の門は、硬く固く堅く閉ざされているのです。

でも、年に1回の文化祭の時だけその門は開かれ、女子が校舎内を闊歩することができるわけです。で、そんな中、狼のような男たちは女子がキョロキョロしながら廊下の奥から歩いて来るのが見えると、狙いをつけたり、焦ったり、緊張したりするわけです。まったく俯瞰から見たら青臭い空間であります。


そんな夢のような文化祭の終わりには必ずフォークダンス大会(古っりぃ~)があって、女子と合法的に手を握るチャンスが来るわけです。チャンスは平等だお。


ここで、学校の外に彼女がいるやつは(当たり前だよ、学校内に彼女がいたらゲイだ!)、けっこう余裕をかましながら他校の女子高生と踊るわけですが、彼女いない歴16年の男子はガチガチに緊張しながら手汗かきまくりで踊るわけです。青いというか、情けない。


アタシは外に彼女がいたのですが、丁度この文化祭の前に振られてしまっていて、ヤサグレていた時期でありました。だから、楽しそうにダンスをしている友達を横目に野次を飛ばすことしか出来ませんでした。哀しいのぉ。


さて、文化祭も終わり、ダンスの興奮も冷めやらぬ男と女は、お互いに連絡先を交換します。そして男は次の段階に移ります。そうです、校外でのデートなわけです。


「どうやったら彼女にすることができるか」から始まり、「どうやったらキスまでもっていけるか」となり、「どうやったら・・・」となるわけです。


で、当時の青年誌、我々のバイブルであった「GORO」や「スコラ」などの“そういった特集記事”を回し読みするわけです。

最初のデートではマックなんて行っちゃだめ!から始まり、彼女をスマートにエスコートするには…なんて項目がいっぱい書いてある訳です。はい。


彼女を押し倒したとき、彼女の身体に全体重を乗せないように腕立て伏せだけはやって、腕の筋力だけは鍛えておきましょう、なんてアドバイスを真面目に信じていたやつもいましたかんね!


中にはデートの台本まで書く兵(つわもの)もいて、アタシはその友達とロープレした事がありますよ。もちろん、アタシは女役でしたが。


で、そんなことばっかり考えている高校生なわけですが、彼女への一番のアプローチグッズはカセットテープなわけです。


 


 “この前の文化祭で一緒に踊った娘で彼女にしたい娘がいるんだけど、カセットテープに雰囲気の良い音楽を入れるには何の曲がいいんだろうか” という相談が来ました。


 お前さぁ・・・自分の顔を見てから相談に来いよ、と思いながらも真面目な顔でアタシは応えます。


 “お前が好きな歌手やバンドの歌でいいんじゃないの?自分が良く知っている歌手の方が無理しなくて良いと思うけど” と的確なアドバイスをしたつもりなのですが、


それじゃ、駄目なんだ!と。俺は中島みゆきとさだまさししか聞いてない!とぬかしやがったわけです。


 笑いをこらえながら、“それでも、みゆきやさだまさしの歌の中にも明るい恋愛の歌はあるだろう”と伝えると、その娘は洋楽志向なんだ!というのであります。


好きな音楽は、エアサプライであったり、ホール&オーツだったり・・・。


そりゃ、全然違うわな・・・(溜息)。


で、何曲か候補を出したわけです。彼女はきっと「ベストヒット・U・S・A」を好んで見ていると仮定し、最新のヒットチャートより古めの歌を選曲しました。


例えばビートルズだったら「If I Fell」とか鉄板でしょ?でもそいつ、壊滅的に英語が出来なくて、今のお前の気持ちをストレートに表しているのはビートルズだったら「Please Please Me」かな、って教えてやったら“どうぞ、どうぞ私に”ってどういう意味だ?って不思議そうな顔をするわけ。


アタシは眩暈がしましたよ。


「僕が君に尽くすように、君も僕を喜ばせてくれよ!」という意味だよ、って教えると“「どうぞどうぞ」”じゃないのか・・・だって。

で、そんなこんなで46分テープに数曲を収録し、彼の想いは完成したわけです。


そのテープの中で私が一番好きだった歌がレオ・セイヤーの「星影のバラード(More Than I Can Say)」なんよね。


もともとはバディ・ホリーのバックバンドのクリケッツのメンバーだったソニー・カーティスとジェリー・アリソンの歌で、レオ・セイヤーが1980年にカバーしてヒットさせたんだよ。でも、時期的にジョン・レノンが長い休養から復活して、そん時に出した「スターティング・オーバー」が1位をずっと独走していたから、結果的に2位どまりになってしまった不運な歌なんだけどね。


でもこの歌、1970年代のテクノサウンドにも飽きて、落ち着きを求める人に支持された名曲であります。ゆったりとした時間の中で気持ちの良い8ビートなわけです。


Woh, woh, yeah, yeah
I love you more than I can say
I love you twice as much tomorrow, woh
Love you more than I can say

Woh, woh, yeah, yeah
I miss you every single day
Why must my heart be full of sorrow, oh
I love you more than I can say

Ah don't you know I need you so
So tell me please I gotta know
Do you mean to make me cry
Am I just another guy

Woh, woh, yeah, yeah
I love you more than I can say
Why must my life be filled with sorrow, woh, woh
Love you more than I can say

Ah don't you know I need you so
So tell me please I gotta know
Do you mean to make me cry
Am I just another guy

Woh, woh, yeah, yeah
I love you more than I can say
I love you twice as much tomorrow, woh
Love you more than I can say
I love you more than I can say
I love you more than I can say, oh...



情熱的で、狂おしいまでのラブソングです。



“くる日もくる日も君が恋しい なぜこんなに悲しい思いをしなくちゃいけないのか

言葉ではいえないほど愛してるよ〝


こんな歌詞日本語で歌ったら演歌ですがな。フォークソングで言ったら中島みゆきも真っ青な世なんだけど、英語でさらりと歌ってしまうと、これがスマートなわけです。

レオ・セイヤーのハスキーだけど高音が伸びる独特な声にマッチしていますな。名曲であります。

さて、カセットテープを携えて、彼女のもとに向かった友達ですが、なんだかんだ言いながら2~3回デートしたんじゃないかな。
付き合っている時も授業なんて上の空で、次のテープを作ってく
れ!なんてオーダーが来ていましたから・・・。

友達はアタシに非常に感謝していたが、アタシではなくレオ・セイヤーに感謝すべきだよ。なぁ!


d0286848_16121656.jpg

2017年5月15日

花形



[PR]
# by yyra87gata | 2017-05-15 16:27 | 音楽コラム | Comments(0)
d0286848_1963457.jpg
 
 みんな家に帰るとき「帰るコール」ってする?アタシはする。しないと怒られるから。
じゃ、もう一つ質問ね。「帰れコール」ってしたことある?アタシは1回だけしたことがあるの。中学3年の時に単身で参加した1979年夏の吉田拓郎のオールナイトコンサート。愛知県伊勢湾の沖に浮かぶ篠島ってところで、当時新人でこのコンサートにゲストで来てた長渕剛に向けて「帰れ!」ってしたの。で、この時は周りの大人たちにつられてアタシは叫んでいたわけ。
要は「おまえなんか観たくない。おまえはいいから、早く拓郎を出せ!」というコールね。
長渕は可哀想だったんだ。きっと初めてあんなに大勢の人の前に出て歌ったんじゃないかね。とにかく彼はテンパってたよ。弦とか切ってたし。か細い声でアルペジオで暗いフォークソングなんて歌ってるから、獰猛な拓郎ファンには全然響かないのね。で、どこからとも無く「帰れコール」が鳴り響いちゃったわけ。でも、長渕は果敢に観客に向かって「帰らんぞ!」とか叫んでるんだけど、そんな抵抗をすると集団ヒステリー状態の観客には逆に火が点いてしまって・・・。30分くらいのステージだったんだけど、お互い後味が悪かったんじゃないかね。アタシはガキだったから周りの大学生の兄ちゃん達とあいつを打ち負かしたなんていい気になっていたかもしれない・・・。
 長渕は主催のユイ音楽工房の新人ということで呼ばれたんだと思うんだけど、厳しい洗礼だったね。
で、その「帰れコール」を拓郎は舞台裏で聞いていたのか。それともホテルで休憩していて、そのことを後から聞いたのか。ちょっと気になったね。

 なんでかというと、日本で一番「帰れコール」を浴びたミュージシャンは何を隠そう吉田拓郎なんだよ。だから、長渕が「帰れコール」の洗礼を受けた時、きっと拓郎は感慨深く感じたんだと思うよ。
でもそれは多分「時代は変わっちまったな」って思ったんじゃないかね。なぜなら、それは、拓郎がかつて受けた「帰れコール」と長渕剛が受けた「帰れコール」の意味が違うからよ。
 どう違うかって?
 1970年代初頭の日本のロックやフォーク好きの連中って凄く頭が固いというか拘りが強いというか。それこそ全共闘、全学連など学生運動とかで鍛えられちゃってて、「反体制」とか「30歳以上の大人は信用しない」とか真面目な顔して語るわけ。そんで、当時の反戦運動としてべ平連(ベトナムに平和を!市民連合)のデモとか・・・そういう人々が集会に集まるといろいろと総括し合い、常に「朝まで生テレビ」状態になるわけ。
そして、それが音楽集会の中でもあって、高石友也とか岡林信康とかが歌った後、観客が今の歌についてどうなんだ、とか、海の向こうのディランはどうだとか、討議しあうんだって。そりぁ、そういうユースホステルの夜のミーティングみたいなものが好きな人ならいいけど、普通は面倒くさいよね。だいたいこれが嫌で労音主催のコンサートには出たくないって言って岡林は失踪しちゃったんだから・・・。
 で、そういう面倒くさい人。つまり音楽を音楽として感じていない人がロックとフォークのファンには多かったってことなんだけど、それは「反体制」というものに属するものを支持するということだけなわけ。
1971年第3回中津川フォークジャンボリーは3日間の予定が最後まで消化できずに終了することになったのも、コンサートの運営方法とかに不満をもった観客にステージを占拠されるという事件が起きたからなんだよ。
だって当時のロックやフォーク好きは「アングラ」なわけ。
アンダーグランド・・・言葉そのままだよね。サブカルもいいところで、そんな観客の前に「風」なんていうヒット曲をテレビの歌謡番組で歌っていたはしだのりひことシューベルツなんて登場したら、そりゃ、最高の餌食なわけよ。もう「帰れ帰れ」の大騒ぎ。
現在のように演者からのベクトルではなく、観客主導で開催されているイベントだから、気に食わなかったらもう「帰れ帰れ」なのよ。
で、こん時の観客の目当ては岡林信康なわけ。「岡林を早く出せ!」ってなもん。マイノリティーの主導者というか代弁者というか。別に岡林は成りたくてなったわけではなく、祭り上げられてしまったと言うのもあるんだけど、そういった面でも出演者側もしらけちゃってるわけ。だって、メインステージとサブステージなんて風に1軍と2軍みたいに分けられちゃって・・・。
d0286848_1971282.jpg

 第3回中津川フォークジャンボリーの伝説は、サブステージの電源が落ちてしまったというアクシデントも手伝い、今までのそういった鬱積を晴らすかのように拓郎が2時間も「人間なんて」を叫ぶ暴挙に出て、メインステージがざわつくということとになり、この瞬間に中々出てこない岡林から拓郎へとリーダーが交代したと言われているのね。別に拓郎はリーダーになりたくて歌っていたわけでは無いんだけど、結果的にそうなっちゃったわけ。ほら、ここでも騒いでいる人たちは拘りの強いフォークファンやロックファンだから・・・。
でも、ここから拓郎の苦悩が始まるわけよ。
 拓郎ってフォークソングが大嫌いな人なのね。もともとリズム&ブルースの人だし、アメリカンポップを好んで聴く人だから。でも妙なことから時代の寵児にされてしまい、奉られるんだけど、「結婚しようよ」「旅の宿」という大ヒットを発表したが最後、面倒くさい連中が「拓郎は体制派になった。けしからん!」ということで「帰れコール」が始まるわけ。女の子はキャーキャー、男は「帰れ!帰れ!」。
 ま、付け足しで言うと拓郎はベビーフェイスだったから女を取られた男の嫉妬という意見もあったけど、とにかく出るコンサート出るコンサートで「帰れ!帰れ!」の雨あられ。拓郎が出るから入場料を払って「帰れ!」を言いに行く人も多かったとか。

 では、なぜこんなに彼らは神経質だったのか。
 俺たちの大切なフォークやロックをグループサウンズの二の舞にしたくないと言うのが本音なんだよね。
1965年、ビートルズやベンチャーズが日本で大ヒットし、誰も彼もがエレキギターを手にし、テレビでは「勝ち抜きエレキ合戦」が高視聴率を記録。なんせ人気絶頂の若大将もエレキを弾いて「しあわせだなぁ~」なんて生ぬるい台詞をつぶやいていたわけですよ。
で、当然、歌謡曲の世界はここぞとばかりにエレキバンドを生み出していき、最初はオリジナル重視だったスパイダースや尾藤イサオのバックバンドから独立したブルーコメッツ、内田裕也から独立したタイガース、横浜本牧の不良バンドのゴールデンカップスなどが注目されたわけだが、そのうち金になると思った芸能事務所がちょっとルックスが良ければ職業作詞家と作曲家に歌を作らせ、華美な衣装を着せてすぐにデビューなんてことをやっちゃったわけ。金になるから。で、1965年からタイガースが解散する1968年までがGSブームと言われているから、それはそれは嵐のような音楽ブームだったわけよ。アタシ、ガキだったけどうっすら覚えているもん。オックスの真木ひでとがでかい口を開けて叫んで、そのあとぶっ倒れてたもんなぁ。あれ、何だったんだろう。
 で、フォークやロックが好きな人は拘りが強いから、金儲けのための音楽は歌謡曲(体制)と一緒だ。ヒット曲=体制だ、ということになり、女に受ける音楽=歌謡曲=体制ということになるわけよ。
で、GSは金儲けに走った芸能界にしゃぶりつくされて衰退してしまったわけですよ。
とにかくそんなようなことがあるから、マイナーなやつがメジャーになると、とたんに牙を剥くんだよ。音楽性で拒否し、しかもそれがヒットしたら怒る。「あいつは体制側だ!」とか言っちゃって。
 でもさぁ、こういう客が好むミュージシャンって売れたら駄目なわけだから、当然生活できなくなるよね。その生活補償を彼らはしてくれるんだろうか・・・なんてくだらないことをアタシは考えちゃう。
 
 時代のせいにしてしまうことが一番簡単だけど、拓郎は貧乏くじを引いたよね。
でも、その洗礼を受け、「関係ねぇよ!俺は自分のやりたいようにやる。テレビに納得がいかない内容なら出ない!マスコミ?音楽雑誌以外取材はお断り!」なんてことで、我を出して自分を守っていきながら逆に歌謡界やマスコミを操作したことで拓郎は周りを納得させていったんだよね。だから、今の今まで一線なわけだ。そういう意味で言ったらあの「帰れコール」は彼の血になったのかもね。本人は嫌がると思うけど。
 つまり、篠島で長渕が受けた「帰れコール」はお前なんか見たくないという単純な帰れコール。ま、今の時代に「帰れコール」があるのかどうかわかんないけど、たいていがお前なんか見たくないから「帰れ」だよね。だから拓郎が受けたのとはちょっと違うのよね。
 で、拓郎って言ったらディランでしょ。
ディランも「帰れコール」受けたね。
1965年、ロックバンドを従えて観客の前に立ち演奏を始めたら、
「おいおい、ディランがそんなやかましくてどうすんだよ!いままでのフォークソングを歌ってくれよ!裏切り者!」ってな具合でブーイングの嵐。
この場合も観客は裏切られた感が満載なんだけど、自分の思い描くディランじゃないから怒っているわけでディランがその観客のためにフォークギター1本で歌ってやればその場はおさまるよね。ディランの気持ちはおさまんないけど・・・。
でも、このパターンも拓郎とは違うよね。
こうやってサンプルで紹介するとどう見ても拓郎の「帰れコール」は理不尽な気がするね。
やっぱり女に受けたやっかみかな?
d0286848_1981334.jpg

2017年5月9日
花形

[PR]
# by yyra87gata | 2017-05-09 19:09 | 音楽コラム | Comments(0)

エルビスの功績

 
d0286848_11374320.jpg

 アメリカ合衆国は、かつての南アフリカ共和国のアパルトヘイトやナチスドイツのアウシュビッツ収容所のユダヤ人迫害にも劣らない人種差別国家である。建国以来、州によってはつい最近まで差別行為が法律で規定されていたからだ(人種間結婚の禁止法など)。
 差別が歴然と存在していた間、黒人はいつも奴隷扱いであった。それは今から約150年前の南北戦争最中に、第16代リンカーン大統領が奴隷解放宣言を行なったことでも公然の事実として受け止めることができる。
そして、その宣言をしても相変わらず白人至上主義者は存在し、白人は黒人に限らず有色人種を下に見た社会を構築していった。奴隷制度を解除しても彼らに公民権を与えない・・・つまり公職には就けず参政権も選挙権も無いという扱いで彼らをアメリカ国民としていた。「自由の国アメリカ」と呼ばれることが多いが聴いて呆れる話だ。
つまりは、国力は安い賃金で労働する黒人によって成り立つという観点から、「奴隷」と言う言葉を外したに過ぎなかったのだ。
 ミシシッピの農場で指を血だらけにしながら綿花を摘む黒人労働者は、労働歌としてブルースを生んだ。貧弱なアコースティックギターを奏でながら生死を彷徨う心の叫びは、デルタ地区の過酷な土地が生み出した魂の歌である。
 そのような黒人の叫びは奴隷解放宣言から約100年後の1963年のキング牧師を中心とした公民権運動となり、1964年の公民権法の制定で法律上の差別は無くなったが、その後も相変わらず生活上での差別は無くならなかった。
 
 音楽に目を向けると、その昔、ビルボードが「レイス・ミュージックチャート」と呼ぶ黒人専門チャートを作っていたが、1950年頃からリズム&ブルースという言葉に変わり、それはソウルミュージックという言葉に変換されていった。これは黒人音楽の変遷のひとつであるが、そんな黒人の作り出すグルーヴに共感を得た白人が作り出した音楽がある・・・。
「ブルー・アイド・ソウル」・・・つまり黒人には青い眼がいないことから白人が演奏する黒人のような音楽のことを総称する言葉。
1960年あたりから出てきたこの音楽で一気にアメリカのポピュラー音楽は花開いたと言ってもいいだろう。
白人至上主義者は、黒人の音楽の良さを知ろうとしないし、黒人の作る音楽を同じラジオ番組から流されることに不快を示していた。ブラックチャートなど、もってのほかである。しかし、このブルー・アイド・ソウルの出現は画期的だった。
 ジェリー・リーバーやマイク・ストーラーのコンビは黒人白人分け隔てなく名曲を制作したし、ジャニスもボズもローラ・ニーロもみんなブルー・アイド・ソウルである。それこそ海を渡ったイギリスのザ・ローリングストーンズもアニマルズもスタイルカウンシルもシンプリーレッドもみんなみんなブルー・アイド・ソウルだ。
音楽に色は着いていない。
 そもそも音楽のジャンルなどレコード会社が勝手に作ったもので、音を楽しむ主体はリスナーである。販売目的のためのただの「言葉」に縛られること事態がナンセンスで、作り手もこれに悩まされることが多いのだ。
特に軽音楽の世界は歴史も浅く、「ロックンロール」という形態(ジャンル?)が生まれてから70年も経っていない。その起源がビル・ヘイリーなのかバディ・ホリーなのかチャック・ベリーなのかは置いておいて・・・つまり、それがどうしたということだ。
何度も書くが、音楽に色は着いていない。

「黒人が考え出して、白人が儲ける・・・」こんな言葉が黒人社会の中で語られていた時、最後まで人種差別の厳しかったミシシッピ州出身で、小さい頃から黒人に囲まれて育ったミュージシャンこそエルビス・プレスリーである。
彼の歌い方やダンスは「卑猥」と顰蹙を買い、テレビでは腰の動きを映されなかった逸話などまさに黒人のグルーヴを宿したアーティストである。
エルビスが醸し出す毒のあるパフォーマンスが一気に全米に広がり、それは海を渡ってヨーロッパにも広がった。全世界にそのムーブメントを広めたエルビスは、黒人の文化の伝承者としてブルー・アイド・ソウルなどと叫ばれる前に黒人音楽を租借し、その範疇を超え、その勢いが音楽という文化だけに留まらず、黒人開放への一助を担ったと言っても過言では無いだろう。

 U2のボノが以前インタビューで応えている。
「エルビスには2つの文化が混ざり合うという面白い瞬間がある。
白人音楽のメロディやコード進行というヨーロッパ文化と、黒人音楽のリズムというアフリカ文化が出会ってあのような体の動きをさせたこと。この瞬間からビートルズやローリング・ストーンズが生まれたんだ。原点はエルビスだよ。そして政治家にも黒人が進出したろ、戦争をするブッシュより平和を語るオバマを支持するね」

 政治家は真実を隠すために嘘をつき、芸術家は真実を伝えるために嘘をつくこともある。
 時代を創ったミュージシャンこそアーティストと呼ぶに相応しい。
「音楽」という文化で政治までを変える一端を担った稀有な事象として捉えてよいだろう。これがエルビスの功績である。

d0286848_11381686.jpg

2017/5/2
花形
[PR]
# by yyra87gata | 2017-05-02 11:39 | 音楽コラム | Comments(0)
d0286848_10493076.jpg

 アメリカと北朝鮮の代表2人が核ミサイルのボタンに指を乗せていた頃、お花見で盛り上がる日本では、一部のマスコミだけに緊張が走ったが、概ねどのテレビ局も普段どおりのバラエティ番組の中で荒唐無稽な笑いを提供していた。
そんな2017年4月14日の午後、ソロ公演のため来日していたイアン・マッカロク(エコー&ザ・バニーメン)はマネージャーと2人、無許可で日本を出国してしまった。招聘元のスタッフはもちろん、英国から連れてきていたスタッフにも話をせずにである。
戦争開始を危惧し身の危険を感じての行動なのだろうが、スタッフはもとよりファンに対する礼儀もあったものではない。
しかし、この不届きな行動・・・決して褒められたものでは無いが、果たして・・・。
核戦争の危機感をあまりにも感じ取れていない日本。
何をしでかすか分からない北朝鮮の代表と、つい1週間前に中国主席との会談中にミサイルをシリアに向けて砲撃したアメリカの代表の手元には常に核ミサイル発射装置があり、アメリカNBCは4月15日をXデイとして報道していた。
そのような報道が飛び交う中、北朝鮮とアメリカの戦場になると予想される日本の緊張感の無さといったら。
いたずらに報道を煽る必要はないが、イアン・マッカロクの取った行動を非難することができない気もする。
 
 さて、このようなマイナスな書き出しで始めてしまったが、イアン・マッカロク率いるエコー&ザ・バニーメン。
1970年代後半に結成され1980年代後半まで一線で活躍し、後世のバンドへの影響力は非常に高いものがある。
ジャンル的にはネオ・サイケやオルタナティブ・ロックと称され、コールドプレイやニルヴァーナへの影響力は多大だと言われている。
バンドとしては、アメリカでの商業的成功は成し得なかったが、世界中に根強いファンを持ち、メンバーの死亡などで一度は解散状態に陥ったが今でもマイペースに活動を続けている。

 私が彼らを最初に聞いたのは1983年頃だったか。
部屋でFENを流していたら、聞き覚えのあるヴォーカルが妙な唄を歌っていると思った。
「ドアーズにこんな唄があったか」という第一印象。「モリソンは死んでいるのだから、なにか未発表音源でも見つかったのか・・・」
それがアルバム『ポーキュパイン』(1983)との出会い。エコー&ザ・バニーメンのヴォーカルであるイアン・マッカロクは、ドアーズのジム・モリソンと間違えるくらい曲調や声のトーンが似ていたのだ。
そして、続けてイギリスのどこかで行なわれたライブ音源が放送されたのだが、テレヴィジョンの「フリクション」をトム・ヴァーラインのヴォーカルのように不安定に歌っていたのだ。このヴォーカルは只者では無いと思った。
 当時アメリカではマイケル・ジャクソンの『スリラー』(1982)をはじめ、ケニー・ロギンス、ジャーニー、ホール&オーツなどがメガヒットを連発。洋楽テレビ音楽番組の「ベストヒットUSA」は華やかなラインアップで彩られていた。
そんな弛緩した私の頭の中に入り込んできたエコー&ザ・バニーメンである。

 私はもともとニューヨークパンクが好きである。ニューヨークパンクはパティ・スミスしかりベルベット・アンダーグランドしかり、唄という作品で人間そのものを表現し、それが悲痛なロックであり静寂なバラッドであり、ポエトリー・リーディングであり、音楽表現の自由さが無限大にあるところに惹かれていた。
そんな中でイギリス、しかもリバプール出身のエコー&ザ・バニーメンの演奏はとても異質に感じられたのだ。
当時のイギリスのニューウェーブの筆頭はポリスであり、もう一つの流れとしてパンクバンドであったザ・ジャムから派生したスタイルカウンシルが人気を二分していたが、エコー&ザ・バニーメンからはイギリスの匂いよりニューヨークの匂いがした。モッドな雰囲気も無かったし・・・。
そして翌年、アルバム『オーシャン・レイン』(1984)が発表され、その中の「キリング・ムーン」は彼らの代表曲となった。
この「キリング・ムーン」・・・切ない男のラブソングだ。

 「蒼い月の下で出会い、一瞬のうちに私を魅了した貴方。
  貴方は残酷にも私にキスをした。魔法のような世界に私をいざなう。
  そして宝石をちりばめた空にキリング・ムーンが昇ってくる。
  運命・・・意志ではどうにもならないもの・・・どんなことが起きようと私は待つ
  貴方が私に身を委ねるまで・・・」

 「キリング・ムーン」に魅了され、何度も聞き込んでいたが、後に発表された12インチの「オール・ナイト・ヴァージョン」がこれまた特筆ものなのだ。
重厚なストリングスとVOXのビザールギターのチープな音のコラボレーション。
イントロを聴くだけで神経がどんどん覚醒されていく。9分にも及ぶ超大作。白眉のパフォーマンスである。
そして、この「オール・ナイト・ヴァージョン」を収録したアルバムが『まぼろしの世界(12inch+LIVE)』(1988)である(原題「NEW LIVE AND RARE))。
1988年の来日時に編集盤として制作された企画盤で、タイトル曲の「まぼろしの世界」は言わずと知れたドアーズの名曲である。イアンのヴォーカルは、ジム・モリソンが憑依した如く鬼気迫るヴォーカルとなっており、しかもこの曲のプロデュースはドアーズのキーボーディストであるレイ・マンザレクが務めているという懲りよう。
他にも、ビートルズやストーンズなどのロックの名曲をカバー。
特筆は前述したテレヴィジョンの「フリクション」まで収録されていること。これは嬉しい1曲である。
41分と最近のアルバムと比べると短い収録時間のアルバムだが、おなかいっぱいになること間違い無しである。

 逃げるように帰ってしまったイアン・マッカロクだが、もう再び日本に来ることは無いだろう。
とりあえず現段階ではミサイルは飛んでいないが、緊張は続いている。
 
2017年04月17日
花形
[PR]
# by yyra87gata | 2017-04-17 10:51 | アルバムレビュー | Comments(0)