音楽雑文集


by yyra87gata

d0286848_10451254.jpg

「グレイテスト・ラブ・オブ・オール」を初めて聴いたのは中学時代、モハメッド・アリの伝記映画「アリ/ザ・グレーテスト」(1977)を観覧した時のこと。映画の主題歌としてジョージ・ベンソンが仰々しく歌い上げており、華々しく最強の男を称えていた。作曲はこの映画の音楽を担当したマイケル・マッサー。

シャープで激しい戦い。予告KOで仕留める。

蝶のように舞い、蜂のように刺すとはよく言ったもので、モハメド・アリの戦い方は常にドラマチックだった。そして、絶対的王者、まさにグレイテストな存在は当時の世界最強を誇示しており、その男にふさわしい伝記映画であった。

映画はアリが18歳の時、ローマオリンピックで金メダルを獲得してから1974年のアフリカ・ザイールでジョージ・フォアマンと戦った「キンシャサの奇跡」と呼ばれる伝説の闘いまでを追っている。

この映画でアリ本人がアリ役として出演しており、本人が本人を演じ、本人の言葉で語られている。・・・アリは誰と戦っていたのか・・・。

アリは誰よりも強かった。なぜならアリはボクサーとしてアメリカという国と戦っていたのだ。ボクシングでアメリカの人種差別と闘い、黒人の権利と環境、奴隷という立場の開放を訴え続けた男。

18歳でアメリカ代表としてオリンピックの舞台で金メダルを獲得しても、地元に帰ればカラードと蔑まされ、選挙権すらない。「人にあらず」という扱いを受けたことによる屈辱を何で返すかを模索した。

プロに転向し、発言権を得るために最強の男になっていく。自分の頑張りが黒人社会の向上になると信じて。しかし、アメリカはそんな面倒な男に対し強靭な黒人ボクサーを当て、黙らそうとする。白人に雇われた黒人ボクサーに立ち向かう黒人解放を訴える黒人ボクサー・・・。そして、アリは世界チャンピオンに輝くが、国は動かなかった。

ベトナム戦争が激化する中、アリにも召集令状が届くが、彼の答えはNO。そのために世界ヘビー級チャンピオンを剥奪されてしまう。

英語ネームのカシアス・クレイという名前を捨てたこともアメリカに対する不信感から起きたものと伝えられている。イスラム教徒であることを公表し、イスラム信徒名であるモハメド・アリに改名したことも世の中に対するテーゼであったのだ(その昔黒人奴隷には名前も無く、ファミリーネームは雇い主になっていた。だからクレイという名の元は自分とは一切関わりの無い白人ということ)。

アリはビッグマウスと言われるが、それも全て自分を追い込むためにやっていた業であると・・・。

「俺は最強の男だ!あいつを5回KOにしとめてやる」と言えば、試合までに必死に練習と努力を重ね、自分を律した。天才が陰で猛練習をするのだから弱いはずが無い。

 そんな彼の生き様が歌になったものが「グレイテスト・ラブ・オブ・オール」だ。

歌詞の端々にアリの精神が注入されている。

「私はどんなことがあってもくじけない。成功しようと失敗しようと、私は私の信じる道を行く。

誰が私の全てを奪おうとも、私の尊厳だけは絶対に奪えない。」

「誰もがヒーローを求めているが、私自身の心を満たしてくれる人はどこにもいない。それは、自分自身しかいないからだ。」

「世界で一番の愛は簡単に手が届く。それは自分自身を信じ、愛すること。」

黒人は当事「人ではない」ので、自分自身を愛することも出来なかった。黒人総鬱状態だった。鬱だから、みんな背筋も曲がり、小さな声で否定的なことしか言わない。そんな時代に声を大にして「まずは自分を信じ(白人に翻弄されずに)、自分自身を愛そう!」と叫ぶアリがいたのだ。

「グレイテスト・ラブ・オブ・オール」は1985年にホイットニー・ヒューストンがカバーした。華やかな歌声と「そよ風の贈り物」という邦題のアルバムも大ヒットし、デビューアルバムとしては史上最多の2300万枚を売り上げる作品となった。

その歌声にアリの精神を想起させる人が果たしてどれだけいたか。バックボーンも知らず、英語も良くわからない日本人は概ね「素敵なラブソング」という認識であろう。

アリの映画を観ていただけのことではあるが、ホイットニーの歌声を聴きながら昔ほど黒人差別は無くなったよ、と当時大学生の私は心の中で呟いていた。

追記。

1976年にアリは、アントニオ猪木と異種格闘技戦を行い、世界の凡戦と揶揄されたが、あの試合には副産物があった。

対戦後、猪木を称え、アリから猪木へ歌の進呈があったとか(諸説あり)。

その歌こそ「イノキ・ボンバイエ」である。

もともとは「グレイテスト・ラブ・オブ・オール」の作曲者であるマイケル・マッサーが制作した歌である「アリ・ボンバイエ」が元になっている。

映画「アリ/ザ・グレーテスト」のエンディングではジョージ・ベンソンが編曲しこの歌をバラードとして歌っている。

ちなみに「ボンバイエ」は、アリが南アフリカに遠征した際に現地民族の言葉で「やっちまえ!」。「アリ!ボンバイエ!」のコールがリングに木霊し、そこからあの歌の構想が出来たようだ。

d0286848_10464021.jpg

2018/11/1

花形



[PR]
# by yyra87gata | 2018-11-01 10:49 | 音楽コラム | Comments(0)
d0286848_15190640.jpg

アメリカにはスタジオの音が明確にあるようだ。マイアミのクライテリア・スタジオやニューヨークのザ・パワーステーション(現アバター・スタジオ)、ロスアンゼルスのA&Mスタジオ(現ヘンソン・レコーディング・スタジオ)などそれぞれの音色があるという。

そして、そのスタジオにはその場所を中心にプレイするスタジオミュージシャンがいるところもあり、そのスタジオの音色というものを大きく形成している。

アラバマ州シェフィールドで1968年から1979年まで稼動したマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオは、南部のアーシーなサウンドが特徴だ。

「マッスル・ショールズ・サウンド」という言葉まで出来上がっているが、これはマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオが出来る前にその近隣にフェイム・スタジオがあり、ここから白人黒人のミュージシャン問わず、ヒットソングを量産していたため、そのスタジオに詰めていた4人のミュージシャンが注目されたところから始まる。

ジミー・ジョンソン(ギター)、バリー・ベケット(ピアノ)、デビッド・フッド(ベース)、ロジャー・ホーキンス(ドラムス)の4人の音を求めて全国各地からミュージシャンが集まったのだ。

名プロデューサーのトム・ダウトの勧めもありその4人は独立し、近隣のマッスル・ショールズ・スタジオを買い取り、その場所に行けばその4人の音が提供されるという「スタジオの音」を実現させたのだ。

ロッド・スチュアートは名盤『アトランティック・クロッシング』(1975)をこのスタジオで制作しているが、前作の『スマイラー』(1974)までのロッドはフェイセズの活動も行ないながらのアルバム発表であり、レコーディングメンバーもフェイセズの人脈でほとんどがイギリス人であった。しかし、フェイセズを解散し、レコード会社もワーナー・ブラザースに移籍。彼が心機一転を図る上でも本場アメリカ南部のスタジオを選ぶことは自然の流れだったのだろう。イギリス人であるが、アメリカのリズム&ブルースを好む当時のミュージシャンはみんなアメリカ南部サウンドに魅了されたのだ。

ザ・ローリングストーンズも『ベガーズ・バンケット』(1968)からアメリカ南部音楽への影響が作品に出始め、『レット・イット・ブリード』(1969)まではロンドンのオリンピックスタジオでレコーディングされていたが、本場の音を求めてか『スティッキー・フィンガーズ』(1971)ではマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオもレコーディングの場所となっている。

日本でも加藤和彦は、サディスティック・ミカ・バンド解散後すぐに新たなパートナー安井かずみを連れマッスル・ショールズでレコーディングを行なっている。『それから先のことは』(1976)は、「シンガプーラ」のようなオリエンタルな作風も多い作品だが、アーシーなサウンドとの融合で新たな波を感じ取りたかったのかもしれない。

マッスル・ショールズ・スタジオのミュージシャンとしても活躍したデュアン・オールマン。言わずと知れたオールマン・ブラザースバンドのリーダーであり名ギタープレイヤーである。

「イン・ザ・ミッドナイトアワー」(1965)や「ダンス天国」(1966)のヒット曲で知られるウィルソン・ピケットのアルバム『ヘイ・ジュード』(1968)はマッスル・ショールズのスタジオミュージシャンになったばかりのデュアン・オールマンのアイデアによりレコーディングされたという。このアルバムのヒットからデュアンはひっぱりだこの売れっ子スタジオミュージシャンとなり、キング・カーティスやアレサ・フランクリン、ボズ・スキャッグスらと名盤を残していく。後のデラニー&ボニーとのレコーディングからだと推測されるが、その関わりからエリック・クラプトンと知り合うことになり名盤「いとしのレイラ」(1970)の制作に加わるようになることは想像に容易い。

そんなデュアン・オールマンのマッスル・ショールズ時代の音源も収録されている『アンソロジー』(1972)はオートバイ事故で亡くなり追悼の意味で発表された彼のレコーディング作品集である。このアルバムにはマッスル・ショールズでレコーディングされたソウル作品が多く収録されているので、スタジオの音が堪能できる2枚組である。そして稀有な天才ギタリストの短い生涯も同時に感じ取ることが出来る名盤である。

後に『アンソロジー2』(1974)も発表されたが、どちらもお薦め。

2018/10/17 花形



[PR]
# by yyra87gata | 2018-10-17 15:21 | アルバムレビュー | Comments(0)

d0286848_16532154.jpg
 なぜか家には映画『がんばれ!ベアーズ』のDVDボックスがある。年間100本近く映画を観る私が、わざわざDVDを購入するなんてよっぽどのことなのだろうと思うのだが、何故購入したのかが思い出せないでいた。

そのボックスにはベアーズの1作目から3作目が揃っているが、私がその3本のうち映画館で鑑賞したのは、1作目と2作目だ。

3作目は、ベアーズが日本遠征にやってきて、いつものようなドタバタの騒動をくりひろげるのだが、ポスターを見ただけでも妙に松竹映画のような味付けになってしまっていて、映画館に観に行かなかった記憶がある。欽ちゃんとかアントニオ猪木とか出ているし・・・。

シリーズ化していくとだんだんつまらなくなっていく典型で、やはり1作目が一番輝いている。

そんなことを考えながら、3作品を見返してみて何故購入したのか気がついた。

娘に見せるためと娘とキャッチボールをするためという2つの目的があったのだ。

私には娘が2人いるが、長女は小さい頃から身体も他の子より大きく、男勝りで運動神経も良かった。「可愛い」と声をかけられても少しも喜びもせず、ブスっとした表情をしていたが、これが「格好いい」といわれるとたいそう喜ぶ男の子みたいな女の子だった。だから、私は彼女と野球がしたいと思い、いろいろな特訓を始めた。

 小学校低学年ということもあり、いきなり硬いボールでキャッチボールは出来ない。まずはボールをキャッチする勘を養うところから始めた。

ぜんまい仕掛けで紐を思い切り引くとプロペラが空高く飛んでいくおもちゃをご存知だろうか。

お互い20メートルくらい離れ、私がプロペラを高く飛ばし、そのプロペラを地面に落ちる前にキャッチするという遊びを頻繁に行なった。このおもちゃのプロペラ、侮る無かれ、かなりの距離を飛行する。

最初は中々プロペラに追いつかず、落下地点に振り回されている様子であったが、慣れてくるとしっかりと落下位置に一目散に走っていきキャッチするようになって行った。飛んだ高さの距離感を掴むことは大切だ。また、プロペラは風に舞い、ふらふらと落下してくるのでしっかり最後まで見ていないと手元で落としてしまう。そんなこともキャッチ能力の向上につながっていった。

そして、柔らかいボールからキャッチボールを始め、半年もしないうちにグローブを揃え、軟式ボールでキャッチボールを始めた。

ボールへの恐怖心は無かったようだ。

やはり、その時見せた『がんばれ!ベアーズ』のテイタム・オニールが投げる剛速球を頭に焼きつかせたことが良かったのではと思っている。

女の子が男の子をバッタバッタと三振にしていく様は、今見ても爽快である。

 私は小学生の頃、親父とよくキャッチボールをした。その思い出は一生忘れない。

親父の速いボールを必死で取る。ボールを取り損ね、顔や身体にぶつけ泣いたこともある。そのうち、自分も速いボールが投げられるようになると親父から褒められる。その言葉はとても嬉しかった。

娘とキャッチボールをしていた時、あの時の親父の気持ちになった。子供の成長を肌で感じた瞬間だ。娘の投げるボールが速く、グローブで取っても手が痺れる。悲鳴を上げるが、嬉しい悲鳴なのだ。

そんな思い出が『がんばれ!ベアーズ』から蘇った。

映画作品としてはアメリカンホームドラマの王道のような作り。

監督を演じたアカデミー男優のウォルター・マッソーの枯れ具合、子供たちの成長、そしてそれぞれ心の機微を歌劇「カルメン」の有名な「闘牛士」で表現する演出はシンプルでわかりやすい。

テイタム・オニールの可愛い演技は当時天才子役と言われ、父親ライアン・オニールと競演した『ペイパー・ムーン』も当り役だった。

テイタム・オニールはその後、マイケル・ジャクソンと恋愛関係にあったり、テニス・プレイヤー、ジョン・マッケンローと結婚し子宝3人に恵まれたりと、いろいろなニュースを提供してくれたが、ここ10年くらいは薬物中毒(ヘロイン)になり、離婚、自殺未遂、父親との確執の暴露本など・・・あまり良いニュースがない。こんなことを書くと大切な思い出が壊されていく感じで嫌なのだが、少なくともベアーズの中のアマンダ(テイタム・オニールの役名)は誰よりも輝いていたね。

2018/10/1

花形


[PR]
# by yyra87gata | 2018-10-01 16:56 | その他 | Comments(0)

d0286848_19051555.jpg
 音楽映画はあらかた観て来ているが、どうしても観ることができない作品がいくつかある。ましてや、サウンドトラック盤は所有しているという間抜けな感じで・・・。

その一つが1978年作品『FM』である。

私は中学生当時、ミュージックライフ誌の記事でこの作品を知ったのだが、「ロスアンゼルスのFM放送局を舞台にした映画で、ゴキゲンなラインアップで我々を楽しませてくれる」と記されていたのよ。

ゴキゲンなラインアップとは・・・

2枚組みのアルバムだったが、

1枚目

1. FM

(スティーリー・ダン)

2. ナイト・ムーヴス/Night Moves

(ボブ・シーガー&ザ・シルヴァー・ブレット・バンド)

3. フライ・ライク・アン・イーグル/Fly Like An Eagle

(スティーヴ・ミラー・バンド)

4. つめたいお前/Cold As Ice

(フォリナー)

5. ブレイクダウン/Breakdown

(トム・ペティ&ザ・ハートブレイカーズ)

6. バッド・マン/Bad Man

(ランディ・マイズナー)

7. 駆け足の人生/Life In The Fast Lane

(イーグルス)

8. ドゥ・イット・アゲイン/Do It Again

(スティーリー・ダン)

9. リド・シャッフル/Lido Shuffle

(ボズ・スキャッグス)

10. 宇宙の彼方へ/More Than A Feeling

(ボストン)

2枚目

1. ダイスをころがせ/Tumbling Dice(Live)

(リンダ・ロンシュタット)

2. 私はついてない/Poor Poor Pitiful Me

(リンダ・ロンシュタット)

3. リヴィングストン・サタデイ・ナイト/Livingston Saturday Night

(ジミー・バフェット)

4. ギャンブラー/There's A Place In The World For AGambler

(ダン・フォーゲルバーグ)

5. 素顔のままで/Just The Way You Are

(ビリー・ジョエル)

6. イット・キープス・ユー・ランニン/It Keeps You Runnin'

(ドゥービー・ブラザーズ)

7. きみの笑顔/Your Smiling Face

(ジェイムス・テイラー)

8. この人生に賭けて/Life's Been Good

(ジョー・ウォルシュ)

9. ウィ・ウィル・ロック・ユー/We Will Rock Yo

(クイーン)

10. FM(リプリーズ)/FM Reprise

(スティーリー・ダン)

どうです!このラインアップ!

1978年当時のベストヒットUSA状態です。

お金の無い中学生にしてみたら、こんなお得なアルバム・・・すぐに購入しました。映画も観ていないのに。ま、そのうち日本でもやるだろうな、なんて思いながらアルバムを買った記憶があります。

で・・・全然来ない。ビージーズとピーター・フランプトンがビートルズの曲を使ったゆる~いミュージカル映画『サージェント・ペッパーズ』が封切られたり、ジャズミュージカルの『ニューヨーク・ニューヨーク』や『オール・ザット・ジャズ』なんて作品もあったのに、何故かこの『FM』はいつまでたっても封切られることはなかった。涙。

だから、アルバムだけ聴いている。

このアルバム、ただのコンピレーションではありましぇん。多分、映画の中での演出があると思うのですが、リンダ・ロンシュッタットの「ダイスをころがせ」と「私はついていない」の2曲はライブ収録なのでありまして、アタシは小躍りして喜びました。レア音源でしょうが!

d0286848_19060240.jpg

タイトル曲の「FM」だってスティーリー・ダンの書き下ろしですかんね!

こりゃ、力入ったアルバムですよ、今思えば。

でも、なんで映画やらんのかね。

アメリカでこの映画を観たという人と話したことがあるんだけど、相当つまらないコメディ映画で、観るに値しないと笑いながら言ってたな~。

そんなに酷いなら、怖いもの見たさで観てみたい。

音楽は最高なんだけどね~。

2018年8月24日

花形


[PR]
# by yyra87gata | 2018-08-24 19:06 | アルバムレビュー | Comments(0)
d0286848_10044061.jpg

洋楽で女性ヴォーカルといえば、シンガーソングライターであるキャロル・キングやジョニ・ミッチェルを好んで聴き、カントリーからロックまで幅広い表現力といえばリンダ・ロンシュタットがお気に入りだった高校時代(1980~1982)の私。ついでに言うとエミルー・ハリスなんて好きだったね~、カントリー歌手なんだけどさ。

で、女性ロックヴォーカリストというと、当時は相変わらずジャニスの亡霊がつきまとっていて、ベッド・ミドラーが天性の歌の上手さを引っさげて『ローズ』(1979)なんて映画で具現化してしまったからまさにダメ押し。伝説を次世代に引き継いでしまった。

ジャニスはヴォーカリストというより生き方も含めたロックスターなんだけど、ブルースを基調としているから1980年代には重い音だったね。

そんな中で1980年代は始まっていくんだけど、マドンナやマライヤ・キャリーの流行歌は町中に溢れ、たまにスザンヌ・ベガやトレイシー・チャップマンのような朴訥な表現でアコースティックギターを鳴らしても、彼女らのメガセールスの波にかき消されてしまう。グラミー賞の常連であるパット・ベネターが叫んでも、負けじとクリッシー・ハインドはエレキギターをかき鳴らしてテレキャスターの売上に貢献するだけ。ベリンダ・カーライルやハートのウィルソン姉妹が華やかな表現で楽しませてくれたかと思うと、チャラけたやつだと思っていたシンディーが「Time after time」なんて呟くからびっくりもする。もう、一瞬のうちに時は流れ、次から次へとニュースターが入れ替わってカオスもいいところ。こんな国取り物語のような音楽地図の中に男性ヴォーカルではマイケルやスプリングスティーン、プリンスといったアメリカチームとライブエイドで見事に復活したクィーンやデュラン・デュラン、FGTHなどのイギリスチームががっぷりよつとなって、様々なロックを奏でていたのだから、ある意味面白い時代だったね。

そんなごちゃごちゃとした1980年代にロックスターのバックコーラスなどで下積み生活をし、31歳の高齢でデビューしたシェリル・クロウは1990年代に飛び出した女性ヴォーカルで一番輝いていたのではないか。

1990年代はニルバーナやオアシス、ベックといったグランジやブリットポップが台頭してきており、かたやジャミロクワイのようなダンサブルなアシッドジャズが最先端の音楽となった。そんな時に、アコースティックギターをかき鳴らしながら、脱力系のビートで日常を淡々と表現したファーストアルバム『チューズデイ・ナイト・ミュージック・クラブ』(1993)は翌年にアルバム内の「オール・アイ・ワナ・ドゥ」のヒットを生むまでじっくりじっくりセールスを伸ばした。あたかもシェリル・クロウ自身のデビューになぞらえるように・・・。そして、それは、翌年のグラミー賞で最優秀レコード賞、最優秀新人賞、最優秀女性・ポップ・ヴォーカル賞の3冠を受賞という形で実を結ばれることとなった。33歳の新人でありますな。

では、なぜ彼女が売れたのか。

この人、大学卒業して、24歳の時には1986年のマイケルのツアーのバックコーラスをやってたんだよ。コーラスガールとして来日だってしている。その後もスティービー・ワンダーとかベリンダ・カーライルとかドン・ヘンリーのバックコーラスを努めている。だから、相当音楽的に優れている人なわけだ。で、1990年にはA&Mレコードから名プロデューサー、ヒュー・パジャムの手でメジャーデビューアルバムを制作したんだけど、出来に対してシェリル・クロウは「良し」としなかったのよね。で、お蔵入り。やっぱり長いこと下積みした後での最初の1枚だから妥協したくなかったんだろうね。普通なら「あたしもとうとうメジャーデビューよ!」なんつって浮かれてしまうのだと思うけど・・・。

それとも相当酷い出来だったのかね。ま、いいか。

で、プロデューサーもお友達に代えて、『チューズデイ・・・』を作るわけだ。

まぁ、型にはまったアルバムではないし、その頃の音楽の中で彼女の得意なカントリー色も出しながら気楽に聴くことができるアルバムとして輝き続けるアルバムとなった。

そう、もともと彼女はカントリー歌手なんだよね。「アメリカの心」を大切に歌い継いで行きたいんだろうから、デビューアルバムでA&Mがヒュー・パジャムをプロデューサーにしたことが大間違いなんだよな!だってイギリス人でポリスやフィル・コリンズやデビッド・ボウイのプロデューサーであるヒュー・パジャムじゃアメリカのカントリーを扱えるわけないじゃん。フィドルの音とか「シンセで作ればいいんじゃね!」とか言いそう。知らんけど。

シェリル・クロウは2012年に良性ではあるが、脳腫瘍を患っていることを発表した。2006年には乳がんも経験している。

先日のインタビューでは昔のような破天荒な生活を改め、乳がんを患ってからは養子を2名受入れ、母として真面目に生活をしていると言う。

そして、来年にアルバムを発表すると宣言し、スティービー・ニックスやキース・リチャーズ、ドン・ヘンリー&ジョー・ウォルシュとのコラボも予定されているとのこと。

そんな豪華なアルバム、待ち遠しいことこの上ないが、彼女の口からはショッキングな言葉も・・・。

「このアルバムが最後になると思う」

引退の名言は避けているようだか、気になるところである。まだ、56歳だし!

この人、歌っているときかっこいいんだよね。ビッグネームと並んでも見劣りしないっつうか。もっともっと輝ける人だよね。ギター持ったって、ベース弾いたって様になるし。

で、病気になっちゃったんなら無理せず、片意地張らず、やりたいことをやればいいのだ。昨年発表した『ビー・マイセルフ』(2017)もデビュー時のエンジニアと一緒に作ってたみたいだし。

なんか、生き急いでいる気がするんだよね。「ニューアルバムは来年発表」なんて言わず、もっとゆっくりゆっくり作ればいいのにね。

 ファーストアルバムのリラックスした雰囲気が今の歳で出せれば、今までの生きてきた糧が音となって凄みも加わる気がするね。

d0286848_10074409.jpg



2018/08/10

花形




[PR]
# by yyra87gata | 2018-08-10 10:10 | アルバムレビュー | Comments(0)