人気ブログランキング |

d0286848_16550856.jpg

 

 私はピアノが弾けない。これは、音楽を嗜好する私にとって長年のコンプレックスである。エレクトーンは10年以上も続け、それなりにできるようになったが、同じ鍵盤楽器でもピアノとエレクトーンは全然違う。エレクトーンを始めた7歳の頃の自分に戻れるなら、エレクトーンではなく、ピアノを・・・と今なら言うだろう。

ビル・エヴァンスのようなピアノを聴くと尚更その想いが募る。

ビルのタッチは絶対に電子音楽では表現できないものであるし、その丁寧な旋律や奏法など彼独自の世界がピアノから満ち溢れてくる。

当然ビル・エヴァンスのように弾くことはできないが、少しでもピアノに触れていれば、彼に近づきたいという念が出てくるのは自然ではないだろうか。

 横浜の小さな映画館でビル・エヴァンスの映画「タイム・リメンバード」(2015)を観覧した。ビル・エヴァンスの日常と音楽観を多くの証言と彼自身のインタビュー(生声)を元に編集したドキュメンタリー映画である。

演奏シーンも断片的にではあるが、数多く収録されており、時代性からしても全体的にモノクロ画像が多い中、編集の妙で全然飽きることなく最後まで画面に釘付けになった。ビル・エヴァンスのピアノプレイに全てが語りつくされている、そんな作品だ。

映画のキャッチコピーは、

「美と真実だけを追究し、他は忘れろ」

「時間をかけた自殺」とも言われた“ジャズピアノの詩人”51年の人生と魂の音楽。

言葉が出ない・・・このキャッチコピーに全て言い尽くされている。

ビルの生き様だ。

 私はマイルスの『カインド・オブ・ブルー』(1959)で初めてビル・エヴァンスを知った。このアルバムは、それまでのビバップのジャズから進化したモード奏法への変換点となったアルバムとして評価も高い。コード(和音)ではなくモード(旋法)による音の構築。簡単に言うと全体的に落ち着きも盛り上がりも無く、どこか浮遊している音楽がモード・ジャズを表現するに適していると思うのだが、ビル・エヴァンスのピアノがまさにそれだった。

 私はこの作品を初めて聴いたのが1980年(発表から20年以上も経っている)。当事の世の中はテクノ全盛で、音の塊がどこかギスギスしており、アナログサウンドからデジタルに移行し始めた頃だったので、音楽そのものが音の洪水状態に陥っていた。

そんな時、そういう騒がしい音楽の中でもピアノの音だけは反比例するかのようにシンプルに聴こえてくることがたまにあり、そのことについてピアノを弾く友人に聞いたことがあった。

「ビル・エヴァンスに影響を受けたプレイヤーじゃないか」

なるほど、坂本龍一はビル・エヴァンスをフェイバリット・プレイヤーにあげているし、ビル・エヴァンスは、ピアノプレイヤーなら意識する存在なのだな、ということをその時初めて知った次第だ。そうなるとマイルスのアルバムよりビル・エヴァンスを聴き漁る日々となり、ジャズの何たるかなどは無視し、彼の多様な音楽性、特にポール・モチアン(ドラム)とスコット・ラファロ(ベース)とのトリオアルバムは外れがないことを知ることになる。
そして突然すぎるお別れ。

 1980915日に肝硬変で死去。

出会ったばかりでいきなりいなくなってしまった喪失感。ちなみにその10日後にはレッド・ツェッペリンのジョン・ボーナムも突然の鬼籍入り。

とにかくビル・エヴァンスの物悲しい旋律が妙に響く秋となった。

 映画は本当に良くできた作品だった。

インタビューに応えるミュージシャンや親族などみんなビル・エヴァンスが好きで好きでたまらないという印象。

「彼は自分の音をもっている」

「朝、目覚めたらすぐにピアノに向かって弾き始めるんだ」

「彼は兄を慕っていたし、兄も弟のビルを守っていた・・・」

「マイルスのバンドは黒人ばかりだ。そんな中に白人のビルだけが入ってジャズプレイをすることの大変さ・・・相当辛い思いをしたんじゃないか・・・客が何故白人がいるんだ!って怒る。俺たちはマイルスが選んだんだよ・・・っていうと黙ったけどな」

そしてビル・エヴァンス本人が「ジャズは人生の中心。もっとも重要なものだ」と語る。

 名曲「ワルツ・フォー・デビー」の作詞者で音楽評論家のジーンリースは「彼の生涯は世界で最も時間をかけた自殺のようなものだった」と語った。

病におかされ、死の5日前までライブを続けたビル・エヴァンス。指が腫れ上がっても演奏を止めず、鬼気迫るプレイだったと後年語っている。

そんな音楽に取り憑かれた天才の生き様を体感して欲しい。

2019/5/14

花形


# by yyra87gata | 2019-05-14 16:58 | 音楽コラム | Comments(0)

献杯 ルパン三世


 
d0286848_15242719.jpg


 ルパン三世の生みの親であるモンキー・パンチが亡くなった。

ルパンの声優だった山田康雄が亡くなった時もルパンはこれからどうなるのか、なんて話があったが、原作者がいなくなったら新作はないのかね。
それとも「サザエさん」のようにキャラクターが生き残って永遠に続くのかね。

 それはそれとして、私の世代はルパン三世の真っ只中の世代で、エメラルドグリーンのジャケットの初代ルパン三世の頃から見てきている。
映画にしろドラマにしろ最初のシリーズが一番インパクトがあるもので、その後のルパン三世にはあまり興味がなく、多くの方がベスト作品にあげる映画「カリオストロの城」は、ルパンの顔がジブリの丸顔で妙な気分だったし、山田さんが亡くなった後の栗田貫一の声に至っては、モノマネじゃねぇかという事で真剣に見ていない。
アニメは、長年続いていると声優が歳を取るので交代することがあるが、キャラクターにイメージがついてしまうから中々慣れることができないのだ。
特に峰不二子は、初代の二階堂有希子が一番良かった。それ以降の増山江威子はちょっとコミカルになってしまう。
これは、もともとルパン三世が青年漫画「漫画アクション」の連載漫画ということもあり、第1期のルパン三世はその色が濃かった。だから、テレビ漫画としては理解されず、視聴率も伸びなかったそうだ。しかし、再放送放映料が安い事で、日本テレビが幾度となく放映を繰り返していたら人気に繋がって第2期シリーズ(ルパンのジャケットが赤ね)の誕生となった。もちろん同じ間違いはできないので、脚色もテレビ用にして峰不二子のお色気シーンもコミカルになっていったということだ。
原作に近い第1期シリーズとはインパクトが違うのだ。

 映画ではルパン三世の実写版もある。
最近では2014年に小栗旬がルパンを演じた劇場版が制作された。まぁこのキャストが酷い。
小栗旬はまだしも、スレンダーな黒木メイサが峰不二子だったり、綾野剛の五ェ門って舐めてんのかってくらいイメージが違う。
1974年には「ルパン三世 念力珍作戦」という実写版があった。
当時は超能力ブームでユリ・ゲラーがスプーンを毎日曲げていたからルパン三世も便乗したと思われるこの作品。この頃「ノストラダムスの大予言」や「日本沈没」がベストセラーとなっており次々と映画化され、「ルパン三世 念力珍作戦」も映画「ノストラダムスの大予言」と併映だった。だから超能力ブームやオカルトブームに合わせたのだろう。
小学生の時に友達と連れ立ってこの映画を観に行ったが、ルパン三世役の目黒祐樹がいかにも詐欺師という顔。でも顔に緊張感がないので、どこのオヤジだよ、という感じで見ていた。加えて次元大介は田中邦衛だよ。もう、全然違うでしょ!
伊東四朗の銭形警部ってのが、唯一の救いか?
 峰不二子は知らない女優だったけど妙にイロっぽいから良かったのかもしれないが、とにかくルパンと次元の顔に慣れるころには物語が終わってしまうという感想。なんで作ったのかわからないくらい内容が無かった。
小学生低学年で私は漫画(あの頃アニメなんて言葉はなかった)が実写映画になるとつまらなくなるという事を知り、その事は未だに間違いではないと思っている。
d0286848_15251965.jpg

 ルパン三世のテーマソングは何と言ってもチャーリー・コーセイの歌う「ルパン・ザ・サード」。
物語挿入歌も数曲あり、歌詞とも言えないスキャットはチャーリー・コーセイの気だるい歌い方が良い。作曲家、山下毅雄の曲に次々とチャーリー・コーセイはアドリブで英語のフレーズを乗せたという。レコーディングもほぼ初見の譜面で、次々と進められていったようでかなりスリリングである。
   ルパン三世という日本でいうところのネズミ小僧次郎吉のような反体制の悪党は庶民から支持され、正義の味方なのか盗賊なのかわからない立ち位置が緊張感も含め、気だるい音楽という化学反応を起こしたのではないか。
妙に明るくもなく、ロックビートのような頼もしさもない。
あるのは明日の見えないアウトローな音である。

 やはり、テレビアニメにしても実写版にしてもキャラクターが変わってしまいすぎて、初代を好む私としては、今のルパン三世のテーマソングよりチャーリー・コーセイのルパン三世で献杯。

2019年4月17日
はながた

# by yyra87gata | 2019-04-17 15:26 | 音楽コラム | Comments(0)


d0286848_16125091.jpg


 首都圏では春一番も吹き荒れ、三寒四温の安定しない天候の中、それでも春の訪れがもうすぐという雰囲気でありますが、北海道は3月とはいえまだまだ冬であります。月半ばの3月16日で、気温はマイナス1度。雪が降っておりました。さて、そんな小樽の夜でありましたが、外は寒いが中は熱い演奏が繰り広げられました。


小樽GOLD STONEでの山下達郎アコースティックコンサート。


このコンサートはレギュラーのツアーのスピンオフ企画といいますか、ラジオで話している達郎氏の言葉を借りると「常にライブ感を持っていたいこと、アコースティック編成でできる可能性を試すこと、フルバンドではなくアコースティックだから活きる曲を演奏したいこと・・・」など氏の拘り溢れる企画であります。


そもそもアコースティックライブは、予算の関係でバンド演奏は難しいというイベント時に開催されており(達郎氏のラジオ・レギューラー番組「サンデー・ソング・ブック」の500回記念とか10周年等の記念コンサート的な開催)、達郎ファンの間ではレアなライブの位置づけであります。



そんなアコースティックライブは、最近では新宿LOFTや、広島のクラブ・クワトロ、京都の拾得など小さな会場で不定期に行なわれています。


突然告知が出ますから、常にホームページなどをチェックしておかなければなりませんが、収容人数の少なさも相まって当選倍率は80倍以上の時もあるとのこと。


今回も外れる覚悟で申し込みをしておいたら見事当選。春の横浜を後に、冬の北海道に乗り込みました。

d0286848_16192512.jpg

小樽GOLD STONEは小樽運河に面したとてもおしゃれなライブハウスです。


会場は座る席が60席くらい用意されており、あとは立ち見です。


今回の収容人数は140名とライブ中に言っていましたから、半分以上の方々が立ち見であります。休憩無しの3時間ライブですから、老体には堪えるライブです。



 さて、ピアノの難波弘之、ベースの伊藤広規を従え、「ターナーの汽罐車」からスタート。達郎氏のギルドから奏でるビートが気持ちよいです。「あまく危険な香り」「夏への扉」(難波弘之と歌い分け)「砂の女(鈴木茂)」「ペイパードール」と熱い演奏が繰り広げられます。  


達郎バンドでのライブであれば、コーラスやサックス、シンセサイザーなどレコード通りの再現も可能でしょうが、限られた音の中での演奏はビートが命です。それはスローな曲であっても躍動するリズムが無いと成立しないわけで、その3人のビートがあるからこそレコードを聴きなれている我々でも納得できる、いや、感動できる作品に甦っているのであります。



アコースティックライブは客との距離も近いのでMCも多めになるとのこと。


気になったMC・・・


「このライブは本編のライブ(コンサートツアー)の休み中にも喉を鍛えておくと言う意味もあるんです。休み期間中に声を出しておくと本番のツアーに入りやすいんですね。だから、今回のアコースティックライブが本ツアーのリハという印象にも受け取られるかもしれませんが、そんな低レベルな話ではなく、しっかりやっていきますよ」


「山下達郎のコンサートを初めて観る方はどれくらいいらっしゃいますか?あー、なるほど。こういう抽選でのコンサートは一見客が多くなるということもあるので、選曲が非常に難しくなります。あまりにもヒット曲ばかりやると古い常連からは「なんだ、こんな曲ばかり・・・」と言われますし、常連に合わせてマニアックな曲ばかりになると一見客は気絶してしまいますからね。バランスを取る事が大変難しい・・・」



「この曲は以前イベントでやりました。もう10年以上前のことです。この曲の意味を高校時代に知った時から私の反戦への表現になっています。


そして、いまだにこの歌を歌っていることに、この歌が歌われなくなるような世の中に・・・。


私は戦争に対して無力です。但し、歌い続けることが私の役目だと思っています」と言ってマーヴィン・ゲイの「What'sGoing On」を演奏。



「ここにお集まりの140人を納得させることができれば、(ドームクラスの)45000人を納得させることは可能です。しかし、45000人のドームクラスのコンサートをしているミュージシャンが100人の観客を納得させることができるかははなはだ疑問。


会場が大きいと誤魔化しがきくんですよ。プロンプター見たり、口パクしたり。
つまり、人数が少ない程、ミュージシャンと客とのガチンコの勝負になるから、誤魔化しはきかないんですよ!どこの誰とは言わないですけどね・・・」


自分の意見を真面目に伝える時の表情は、険しく、芯のあるトーンで話します。また、それが他のミュージシャンや音楽業界を示唆する時は、強めの話をした後は、顔を崩しながら「こういった事をツイッターに書かないでね」とか「洒落ですよ、洒落!」と戯けることも達郎さんの説得力のある話術のひとつです。洒落と言いつつ本音ですからね。



ライブハウスを中心に活動していたシュガーベイブから音楽業界に入った達郎氏ですから、ライブハウスの思い出を話し始めると止まらなくなります。そういう中でシュガーベイブ時代の曲を聴くとタイムスリップした感覚になります。


また、「BOMBER」や「Ride on Time」「Love Space」といった曲はフルバンドで聴いているかのようなグルーヴがあり、1981年に観た六本木PIT INNでのステージを彷彿させるものがありました。



アンコールを含め22曲。3時間のライブでありました。



会場の外に出ると雪が舞っておりました。


小樽運河のガス灯がぼんやり浮かび、帰路につく人々を照らし出しておりました。みんなの上気した表情は笑顔で幸せそうでした。



今年も全国ツアーを開催予定とのこと。


楽しみですね。

d0286848_16142925.jpg

2019325


花形


# by yyra87gata | 2019-03-25 16:27 | コンサートレビュー | Comments(0)

浪人時のスクェア

d0286848_18010574.jpg
 

 最近、娘(次女)から「パパは浪人して大学に入ったんでしょ」と言われたので、「浪人とは大学に行くためにがんばる人のことで、アタシはがんばっていなかったから浪人とは言わない」と言ってやった。「でも、ママとその頃出会ったんでしょ」と食い下がってきたので、「ママは勉強しに図書館に通っていたが、アタシは図書館の横の児童館で毎日卓球していて、飽きると図書館で本を読んでいたんだ」と答えた。

そんな会話を聞いていた家人は、

「あなた、本当に勉強してなかったの?」と今更ながらの質問。

「あーそうだよ。何をしていいかわからなかったからね・・・。図書館だから好きな本は読み放題だしね。飽きたら近くの名画座で映画を死ぬほど観てたなぁ」なんて答えたら、マジでドン引きされた。

「じゃ、なんで大学行ったの?」なんて聞いて来たから「面白そうな大学を見つけたから」って答えたら、娘が大笑いしていた。

「結局やりたいことしか、やらないんだよね~、私とパパは・・・」なんてしみじみ言いやがった。

しかし、あの頃はなーんにもしていなかったな。

外に出ない時は、家でずーっとテレビを観てた。

朝の「ワイドショー」、昼の「笑っていいとも」に続き、午後は、ほぼほぼドラマの再放送なんだよね。

でも、我が神奈川県のテレビ神奈川だけは攻めてたね。

ま、予算がそんなに無いからMTVや公開録音の映像をダダ流しするだけなんだけど、そんな音楽番組の中で、「ミュージック・トマト」っていうのがあって、みんな「ミュートマ」とか言ってた。

で、そこでやたらと流れていたのが日本のフュージョンバンドのスクェアだった。

スクェアの名前を初めて認識したのは、1970年代後半に音楽誌「新譜ジャーナル」で読んだ松任谷由実ライブレポートで彼女のバックバンドだったということ。そして、その後レコード屋で見た彼らのアルバム『脚線美の誘惑』(1982)のアルバムジャケットが妙に艶っぽいという印象以外無かった。

だから、「ミュートマ」でヘビロテしていたアルバム『ADVENTURES』(1984)は、初めてちゃんと聴いたスクェアだった。

当事のフュージョンバンドといえば、カシオペアやプリズム、KYLYNなどがテクニック重視、そこにパラシュートやなにわエキスプレスなどが加わり混沌としていた中、スクェアはこのADVENTURES』でジャズ・フュージョンチャートでは無く、一般チャートで8位を記録した。わかりやすいジャズというか、それは一つ間違えればイージーリスニングになってしまうくらい心地よいメロディーであり、時代的もシャカタクなどが全世界でヒットしていたことから、「時代の音」だったのかもしれないな。

とにかく毎日流れていたので、安藤まさひろのギターソロが歌えるまで聞き込んだわ。というか、スピードラーニング状態。

ADVENTURES』(1984)は聴きやすいアルバムで、日本のフュージョンアルバムの中でもテクニックだけに走ることなく、とてもメロディアスな楽曲が多く収録されている。

それはリリコンを奏でる伊東たけしがまるで歌っているかのような、それはヴォーカルアルバムのような、そんな印象のアルバムなのだ。

リリコンの仕組みは良くわからないが、グリッサンドの音がサックスのそれよりクラリネットのそれに近い気がする。つまり、ベンディングというかギターでいうところのチョーキングと言うのか・・・。

強いビートでは情熱的になり、スローではむせび泣くような音になる。

冒険者(ADVENTURESというコンセプトで進む楽曲。

明るいビートでキャッチーなメロディラインの「ALL ABOUT YOU」、旅情の雰囲気の「Cape Light」、大団円の「Travelers」と聞き応え十分である。

その後スクェアは、私が大学に入った年には『RESORT』(1985)を発表。CMやテレビ番組のテーマソングなど様々なタイアップで名を馳せて行く。『SPORTS』(1986)と続き、F1のテーマソングで有名な『TRUTH』(1987)で昇華。リリコンもここまでなんだよね。

その後もバンドは続くんだけど、屋台骨の伊東たけしが脱退したり、サックスやキーボードもメンバーチェンジが激しくなり、どちらかと言うとギターの安藤正容のプロジェクトみたいになってきたね。

 

 振り返るとなーんにもしていなかった2年間でリアルタイムに聴いたアルバムってスクェアだけかもしんないね。古いジャズやブルーズ、ウッドストックに出ていた連中のアルバムしか聴いていなかったから、スクェアの音が妙にキラキラしていたね。そりゃ、明日もわからんモラトリアム人間がウキウキした音楽聴いてても様に成らんしね。

 今、聴き直すと、リチャード・クレイダーマンみたいなイージーリスニングに聴こえるな。アレンジの古さかな・・・。なんか、田舎のおじいちゃんの家に行ったみたいな感覚だわ。
あ、これ、アタシなりの褒め言葉よ。
しかし、次女の言葉・・・
「結局やりたいことしか、やらないんだよね~、私とパパは・・・」ってなんか重いな。


2019/3/13

花形


# by yyra87gata | 2019-03-13 18:09 | アルバムレビュー | Comments(0)

   

d0286848_20200674.gif

   2018年12月19日に偉大なるベーシストであるジョー・オズボーンが鬼籍に入った。

81歳であった。

晩年は膵臓癌との闘いだったそうだ。

山下達郎のラジオ番組「サンデーソングブック」でも追悼特集が組まれていたが、アメリカ近代音楽の中でも、とても重要なミュージシャンであった。

レコーディンググループ「レッキング・クルー」において数々のミュージシャンとのレコーディングは、ビルボードTOP40に200曲以上もランキングされ、レコーディング曲数も数千曲に及ぶという。

まさにスタジオミュージシャンの神である。

 

  同世代のハル・ブレイン(ドラム)、ラリー・ネクテル(キーボード)とリズムセクションを組み「ダンヒル・リズム・セクション」と名乗り、数々のレコーディングを行なう。

デビュー間もないカーペンターズのサポートから大ヒット曲「クロース・トゥ・ユー」のプレイ。サイモン&ガーファンクルの大ヒット「明日にかける橋」やその他もアソシエイションやママス&パパス、アメリカなど60年代から70年代のアメリカサウンドの核を創った功労者である。

 

 私がジョー・オズボーンとハル・ブレインのリズムセクションを意識したのは、フィフス・ディメンションの「アクエリアス~レット・ザ・サンシャイン・イン」(1969)である。

この曲は1968年のブロードウェイミュージカル「ヘアー」の主題歌として有名であるが、私の高校時代に「ヘアー」の映画が製作され、話題になった。そしてこの映画を見たことで、私の中に化学反応が起き、それからどっぷりとヒッピーの世界に入り込んでいった思い出の曲なのだ。


 最初は圧倒的なコーラスワークとその歌詞に惚れ込み、フィフス・ディメンションの声ばかり聴いていたが、よくよく後ろのリズム隊に耳を傾けるとなんと表情豊かなサウンドか、と姿勢を正したものだった。

黒人コーラスグループ特有の張りのあるヴォーカルは決して演奏に埋もれることが無いので、ハルもジョーも思いっきりドライブしたグルーブが出せたのだと思う。それは、カーペンターズアソシエイションのリズムとは明らかに違う表情を見せているのだ。

そして「アクエリアス~レット・ザ・サンシャイン・イン」の完成度は、このミュージシャンたちでなければ出来なかったであろうと思うくらいの高揚感がある。

   ディストーションなんて要らない。ツインバスドラも要らない。ベースのフレーズとドラムのコンビネーション、そしてソウルフルなヴォーカルだけで十分だ。

   この曲は高校時代の私のバイブルで、今でもシングル盤をターンテーブルに良く乗せる。

そして私はこの曲が好きすぎて自分の結婚式の退場の音楽に使った。

   厳かに両親への花束を贈り、挨拶をし、列席のお客様をお見送りする時にスピーカーから怪しげなイントロが・・・。

「ウェンザムーン イズ・イン・ザ・セブンスハーウス」なんて流れたから、知っている人はびっくりしただろう。ま、結婚式には絶対流れない歌だろうね。

奥さん、よく許してくれたよね。

あの当時、みんなホイットニーとかドリカムとか流していたからね・・・。


d0286848_20203893.gif


Aquarius ~Let the sunshine in

 

When the moon is in the Seventh House

And Jupiter aligns with Mars

Then peace will guide the planets

And love will steer the stars

This is the dawning of the age of Aquarius

The age of Aquarius
Aquarius! Aquarius!

Harmony and understanding

Sympathy and trust abounding

No more falsehoods or derisions

Golden living dreams of visions

Mystic crystal revelation

And the mind's true liberation

Aquarius! Aquarius!


Let the sunshine,

Let the sunshine in

The Sunshine in

Let the sunshine,

Let the sunshine in

The Sunshine in


 

アクエリアス(輝く星座)~レット・ザ・サンシャイン・イン

 

月が第7宮にあり 木星が火星と直列となるとき 

そのときこそ、平和が惑星たちを導くことだろう

そして愛が星々の舵を取るのだ

いまは水瓶座の時代の夜明けのとき

水瓶座の時代だ

アクエリアス! アクエリアス!

調和と理解と

共感と信頼が満ち溢れる

インチキやまがいものはもうおしまいだ

光り輝く活き活きとした夢の光景

神秘的で筋道がしっかりとある黙示

そして心の真の解放

アクエリアス! アクエリアス!


陽の光を

太陽の輝きを差し込ませよう

陽の光を僕らの中へ!

太陽の輝きを

陽の光を入れるんだ!

さぁ!太陽の光が差してくるぞ

 

 

ジョー・オズボーンさん、輝く星座に還ってブイブイ弾いてください。

 

2019年1月31日

花形


# by yyra87gata | 2019-01-31 20:15 | 音楽コラム | Comments(0)