音楽雑文集


by yyra87gata

<   2018年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ギブソン社倒産について

d0286848_18583716.jpg


   ギブソン社倒産の理由は、楽器販売にとどまらず音響機器などへの投資により、その部門の負債が溜まり経営破綻に繋がったとあります。本来の楽器製造販売については採算が合っていたとも聞きます。

ギブソン社は今後は楽器販売に経営を集約させ、再生を図ると報じられていましたが、経営の立て直しはいばらの道でしょう。

なぜなら、一般コンシューマーをターゲットとしている楽器販売は時代の岐路に立たされているからです。

果たして楽器販売だけで今後も運営していくことができるのでしょうか。

ギブソン社と並ぶアメリカの楽器メーカー、フェンダー社も1965年、1985年の2回も経営陣が変更した歴史があり、サンタナの使用でも有名なポール・リード・スミス社も経営に苦しんでいるというニュースも届きました。

若者をターゲットとし、時代と共に繁栄した楽器メーカーの倒産話は、見逃せないニュースです。



   ギターはピアノや管楽器と違って同じようなモデルが多数存在しているので、人気商品の商売なのだと思います。

   1960年代後期、フェンダー・ストラトキャスターは、まとめ売りしても買い手がつかないほど人気が落ちた事があるといいますが、ジミ・ヘンドリクスが使いはじめ、その楽器のポテンシャルにミュージシャンは再度気づかされヒット商品に

1961年より生産中止となっていたギブソン・レスポールモデル(ギブソンSGに継承)も、1970年初頭レッド・ツェッペリンの大ブームにより全世界的にギターポジションをだらりと下げたジミー・ペイジのクローンが登場。レスポールモデルも大ヒット。数々のコピー商品が出回りました。

また、エレキギターの神様はアコギでも神様だったということで、1990年代にアンプラグドブームを決定づけ、グラミー賞を総なめにしたエリック・クラプトンはマーチンギターの看板となり、クラプトンモデルを大ヒットさせています。


つまり、商品ヒットの一番の近道は、オピニオンリーダーがそのギターを使うかどうかという説もあります。


   ギブソン社は毎年ノルマのように「○○年のレスポールモデルです!」と宣伝し、操作面などでプレイヤー視点に立ったアップデートを強調していましたが、ヒット商品の手っ取り早い作り方としては、もはや「そこ」ではない気がします。

往年のモデルの細かい変更に敏感なプレイヤーがどれだけいるんですか!ということ。

その変更のために生産工程を変え、商材を新たにストックしなければなりません。

アメリカに次ぐ大きなマーケットである日本では年と共にプレイヤー人口が減る中、「そこ」に拘るよりも買いたいと思わせる理由は別にあるのではないかと思料します。それは、ギブソンマニアはいても商業的成功にはなかなか結びつかないという事ではないでしょうか。

前述のストラトキャスターもレスポールモデルもクラプトンモデルもヒットした第一の要因は弾きやすさではないはずです。

ビートルズが使っていたからリッケンバッカーを、ベンチャーズが使っているからモズライトを使いたいというファン心裡は真理だと思います。

楽器販売という点から、人気アーティストとのコラボを進めることは手っ取り早い一つの意見です。

ポール・マッカートニーは、ギター業界不振の原因についてインタビューで残念そうに振り返っています。

「電子音楽が増えて、若者は以前と違った聴き方をしている。私はジミ・ヘンドリックスに憧れたものだが、ギターのヒーローは、もういないんだ。かつては誰もがギターを欲しがったものだが......


   ギブソン社の2017年モデルは価格設定を抑えたモデルが多く発表されていましたが、往年のモデルのコストダウンのマイナーチェンジであることは一目瞭然でありました。それでは、いくら学生のエントリーモデルを作っても結果は出ないでしょう。安くすれば売れるのか、という事を企業側は議論したのでしょうが、ギブソン社というブランドで安いモデルを出されてもブランドに「傷しかつかない」気がしてしまうのは私だけでしょうか。

   ベビーブーマーである我々の世代は、エレキギターの歴史そのもので、社会の高度成長と共にエレキギターを手にしてきました。

その中でもギブソンは高嶺の花で、みんなが憧れたブランドです。それは他の楽器メーカー(特に日本の楽器メーカーは隣の大国を笑えないほど露骨にコピーモデルを量産しました)がコピーモデルを量産し、ギブソンの特徴的なロゴを真似してヘッドにデザインした事からも、その想いが伝わります。

その思い入れがある一流ブランドが販売不振の恐怖に震えながら、生産工程や材料を見直し価格を安くして販売する。

それは企業努力をしているように見えますが、往年のファンには響かない行為と私は感じました。そしてそのことには、安価なモデルは中国や韓国で生産され、その品質に問題が出ているという事も付け加えておきます。


   今までは感覚から述べましたが、今度はデータから述べてみましょう。

ギブソンの本国アメリカの話ですが、あるマーケティング調査によると、音楽業界は決して斜陽産業では無いと言います。

フォーブス誌でのフェンダー社CEOアンディ・ムーニー氏のインタビュー記事に興味深い事が記載されていました。


「音楽売上(CDやライブ)は成長しており、12500万人もの人々がデジタルストリーミングサービスを利用しており、こちらも伸び続けています。

LiveNation によると、昨年ライブに行った人の数は、前年比21% 増の8200万人。

スポティファイやアップルミュージックが音楽業界を縮小させるという兆候はありませんし、世界最大のイベント会社であるLiveNation 11年連続で成長しています。」


   驚くなかれ、成長している産業であるにも関わらず、その雄たるギブソン社が倒産とは。いくら不採算部門を整理して再生するなどと説明しても説得力に欠けるエクスキューズに聞こえます。

一度ならず二度も地獄を経験したフェンダー社のアンディ・ムーニー氏は楽器メーカーとしての生産能力もさることながら、その販売方法にも意見を述べています。

楽器販売店とネット販売についての現状を述べています。


「現在の楽器店には、ネット販売をしないリアル店舗のみの店、両方やる店、ネット専門店の3種類があります。

それぞれの状況はというと、まずリアルオンリーは現状維持。両方の店は一桁から二桁台前半の成長、そしてオンライン専門店は右肩上がりです。そして、地域によって異なりますが、北米では総売上の半分が、なんらかのオンライン販売によるものだと推測しています。過去3年で35% 50% へと増えました。」


   これが事実なら、私はすでに取り残された古い人間です。なぜなら楽器には個体差が必ずあり、購入する前には新品だろうが中古だろうが必ず試奏するものと思っているからです。

では、どのような人がネットで楽器を購入しているのか。アンディ氏は続けます。


2年ほど前、我々はギターを初めて買う人について大規模な調査をしました。

我々が毎年販売するすべてのギターのうち、45% を初心者が購入していることが分かりました。これは我々の想像を遥かに超える数字でした。

そして初心者の90% が、最初の12か月のうちにギターをやめてしまいます。

一方で残りの10% は、最初に買ったギターを使い続けるのではなく、複数のギターやアンプを購入する傾向にありました。

加えて新たにギターを始める人の50% が女性であることもわかりました。

彼女たちはリアル店舗について敷居が高いと感じており、ネット通販を利用する割合が高めです。

そして最後の発見は、初心者はレッスンに楽器の4倍以上のお金をかけているということです。

これらの事実は色々なビジネスモデルを形作りました。我々がFender Play というオンラインレッスンサービスを始めたのは、楽器とは別の新たなビジネスチャンスがあると思ったからです。

レッスンというと教室に通うイメージですが、世界的にはオンラインレッスンが主流になってきています。

Fender Play や各種マーケティングを実施して、ギターに興味がなかった人にギターをやってみたいと思わせることができたのは、衝撃的な出来事でした。

そして女性のオーディエンスへのアピールも強化する必要があるので、契約アーティストや宣伝画像に使う女性、そしてウェブマーケテイング全般について日々検討しています。」

   

このインタビューこそが、地獄を経験し、売上を毎年15%平均で伸ばしているフェンダー社と今回のギブソン社との差かもしれません。

そして、こう付け加えます。

「ここ最近で伝えられているギブソンの不振は、彼らが自ら招いたものであり、業界の現状を表しているものではありません。」と。

業界の展望を自社製品のビジネスモデルに繋げているフェンダー社とギター専業メーカーから総合音響メーカーへの脱皮を進めて失敗したギブソン社との差が露呈しました。


   メーカーとして一流の商品を我々に届ける役割は経営陣にかかっています。いくら最高の職人が極上の商品を作っても売り方一つでそのブランドは地に落ちます。

   今回のギブソン社の経営破綻は、不採算部門の影響とありますが、ここ近年の商品ラインアップを見ても、果たしてその問題を解決するだけの施策なのか。

負債の解消のため、何か大切なギブソン社の財産が処分されてしまわないように

ギブソンギターのオーナーとして、栄光のブランドに傷をつけて欲しくないという思いから書き綴りました。

d0286848_19000614.gif
2018年5月4日
花形

[PR]
by yyra87gata | 2018-05-04 19:18 | 音楽コラム | Comments(0)